非嫡出子(婚姻外の子)の相続分変更 | 田中税理士・社労士事務所のブログ

田中税理士・社労士事務所のブログ

 
「自分の先入観なく、まっすぐに話を聴くこと。」が当事務所のモットーです。
より多くの起業家、新設法人の方々をお会いできることを楽しみにしています!


テーマ:

最高裁の決定


平成25年9月4日、最高裁判所大法廷は、


非嫡出子の法定相続分は「嫡出子の1/2」とする民法の規定を違法と判断した。



民法第900条第4号ただし書前段とは


 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各人の相続分は、相等しいものとする。




 ただし、嫡出子でない子の相続分は、嫡出子である子の相続分の1/2とし、

             

{ 違憲とされ、非嫡出子も、嫡出子と同額の相続割合となる! }




父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする

兄弟姉妹の相続分の1/2とする。



相続税額の計算も変わる


1.いつからか?

 

 相続開始日(死亡した日)や申告期限などに関わらず、


申告や処分で税額が確定した日が、



 9月4日前・・・・・従来通り、非嫡出子は1/2   コップ半分


 9月5日以後・・・・・非嫡出子も、嫡出子と同じ相続分 同じ 



 として相続税額を計算することとなる。




2.どちらが有利?



 相続人が、子2人(嫡出子1人.非嫡出子1人)の場合



                          2人の相続税の総額     

基礎控除を引いた後

の遺産総額            9/4前の申告       9/5以後の申告 


 3,000万円            350万円         350万円  


 5,000万円             667万円        650万円  


 1億円               1,767万円       1,600万円


 

 9月5日以後の申告分の方が、だいたい税額が少なくなるようだが、


9月4日までに申告した分を、この最高裁決定に基づく相続分で計算すると

相続税額が減額することのみをもって、更正の請求をすることはできない。

(更正の請求・・税額を減らしてくれるよう、税務署にお願いすること。)




 ただし、9月4日以前に申告、処分により税額が確定した場合でも、

財産の申告漏れ、評価誤りなど、この非嫡出子の取扱い以外の理由で

修正申告や更正の請求をする場合には、嫡出子と非嫡出子の相続分を

同等として、税額計算できる。



国税庁(相続税法における民法第900条第4号ただし書前段の取扱いについて) はこちら




札幌の税理 札幌市の田中税理士・社労士事務所 はこちら

田中税理士・社労士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ