大阪の音楽の街化事業 | 内閣官房、教授 田中誠一です!

内閣官房、教授 田中誠一です!

内閣官房から情報をお届けします。


テーマ:

大阪府と大阪市はともに音楽の街としての機能を新たに追加する意思を内閣官房に対し表明しました。

 

この件につきまして、本来は内閣官房の管轄外でありますが、他に担当できる役所がありませんでしたから内閣官房が引き受け、現場の実行部隊としてNew Issue(以下、ニューイシュー)が担当することになりました。このようなことから、大阪府と大阪市に事業を譲渡するまでの期間は内閣官房の直轄事業となっております。

 

日本には既に音楽の街として優れた地域が4か所あります。北から札幌、東京、福岡、沖縄市(コザ)であります。これら4地域は既に音楽の街としての歴史が古く、これから新規参入しようとする大阪府や大阪市が同じレベルになるには非常に多くの困難が待ち受けておりますが(クリステンセンのイノベーションのジレンマ論を視座とするとこのように考えざるをえません)、例えどのような困難があろうとも実現させるとの回答を得ておりますので、内閣官房としても協力しようとする次第であります。

 

以上、内閣官房からのお知らせでした。今後にご期待ください。

田中誠一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス