なんで大阪が緊急事態宣言解除の前日に決めたのかな?

 

 

吉村氏は大阪で10代の感染者の割合は低いとし「緊急事態宣言も解除され、生活を戻す状況だ。リスクは負うが、(子供が)困難を乗り越える力をつける上でも、簡単に大人があきらめてはいけない」と語ったとのこと。

 

 

自分も簡単にあきらめる大人になってないか再確認しなくては・・・

 

By YASU

昨年度2019年のSUPA(日本スタンダップパドルボード協会)が主催したレースのポイントランキングで12ft.インフレータブルクラス3位の表彰状が先日手元に届きました。ちなみに実情を説明すると3位だからといって3番目に速いのではなく昨年1年の大会でのポイントの合計によっての順位表彰なのです。 なので実際には私より速い選手は沢山おられます。たまたま速い選手が出場してない試合で入賞を重ねコツコツとポイントを稼いで運良くもらえた3位です。 

ちなみに1位は高校生、2位は中学生なので57才のオッサンの私にとっては大変励みになりました。

 

 

今年はコロナの影響で試合はなく練習もできてないですが緊急事態宣言が解除されたらボチボチ始めようと思います。

勿論このスポーツは密になり事はないですが・・・

 

もう少しの我慢ですね!

By Yasu

こんにちは!
早いもので、ゴールデンウィーク最終日ですね!

今年のゴールデンウィークは
新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言もあり、
念のため屋外の運動は控え、
自宅で筋トレ風の運動やストレッチングを軽く行いました!!笑

(後は部屋の掃除等引きこもり生活・・・笑)


今回は柔軟性向上を目的に
主に下肢筋のスタティックストレッチを中心に!

スタティックストレッチとは、
反動や弾みをつけずに筋をゆっくりと伸張する方法で
一般的によくされているものかと思います!

メカニズム的には、
最終域での伸張を維持することで、ゴルジ腱器官のⅠb抑制といい、
持続的な伸張が加わるとその筋の収縮を抑制する反射を利用し、筋緊張の低下を図ります。

難しいことは流しまして!!笑
方法としては、伸張した状態で静止し、反動をつけずに!!!30~60秒止めます!
痛みを感じる手前で止めることで防御収縮(ビックリして逆に緊張が高まる!)
というものを起こさないようするのもポイントです👍

 

↑ハムストリングスのストレッチ(フリーイラスト頂きました!)

しにくければ、椅子に座って片方ずつ行う方がしやすいように感じます!

 


ちなみに、反動をつけるストレッチはバリスティックストレッチと言い、
柔軟性を高める目的のストレッチには向きませんが、
スポーツ競技前のウォーミングアップとして行うことで
パフォーマンスをあげるとされています👍


ストレッチも、文献ごとで伸ばす時間に差があるなど様々です。
年々更新されていく為、今知っている情報は既に古いかも!?です!
日々勉強です。。
 

怪我予防に向けストレッチにて柔軟性の改善を図りながらを高め、

身体も動かしていきましょう!!!


理学療法士 とみー

はじめまして、サルコペニアと闘う「みとまっくす」です。

院長やとみー、まだ自己紹介ができていないスーパーアスリートの3人と比べるとアスリートとは程遠いアンチエイジングに励むオッサンです。

意外にもスポーツ歴は長くアイスホッケーやインラインホッケー、スキー、ウェイクボード等々いろんな種目をやって来ましたが、今は50歳の誕生日から始めたトライアスロンへ転向し現在に至ります。
50歳で初参戦のトライアスロンでは誕生日が命日になるのでは?みたいな恐怖からのスタートでしたが終わってしまえばいい思い出と、楽しい打ち上げと美味しいビ

ールに癒されハマってしまいました。

緊急事態宣言以降、飲みにも行けず夜な夜なランニングかバイク(自転車)やウォーキングでストレスを発散しています。
お陰で4月の運動実績は写真の通りと相成りました!
これからも実年齢より若々しい身体を維持できる様に努めて参りますので、宜しくお願いします。

リハビリのtommyが枚方から大阪市の毛馬閘門まで自転車のトレーニングを行っていた記事をみて、たまたまその2週間前の自粛命令が発令される前に私も北港(舞洲)から毛馬閘門までの往復約24kmの漕ぎ練をしてきました。

 

 

往路は淀川を流れに逆らって進むのでスピードが出ずどうにか毛馬閘門までかなりの遅いペースで到着、休む暇も無く復路は川の流れで楽なはずなのに風が急に強くなり強い向かい風で往路よりもスピードダウン。 どうにか4時間漕ぎっぱなしで24kmを完漕できました。 精も根も尽きましたが気分転換できたから良しとしよう。

 

By Yasu