こんばんは。




涼星です。




すみません、ブログ書く書くといって
だいぶ遅くなってしまいました💦




ただ僕が感じたことを書いていくので
少しお付き合いください🙇‍♂️




先日、MANKAI STAGE『A3!』
〜Four Seasons LIVE 2020〜
全6公演が無事に幕を下ろしました。
ご来場ともに配信、LVでご覧くださって
ありがとうございました!!!





エーステのライブということで
みんなが集結して行った夢のようなライブ。
みんなが揃うとまさに壮観でした。
エーステの中でまだ共演したことないメンバーも
たくさんいましたが、
何故かずっと一緒にやってきた感覚というか
このカンパニーならではのものを感じました☺️




そして春夏秋冬とバトンが繋がってきて
ここまで来れたという実感を感じることが
できました。

初日の幕があき監督の前で
みんなでラインナップした時
感動を越えるものがありましたね、
ペンライトの綺麗さだったり
肌で感じることができる監督の暖かさだったり
ここに今みんなで立っている事実だったり
色んなことが重なって
すごく特別な時間なんだなと感じました。




そして今までの楽曲を振り返っていったり
それぞれの組の曲がフルであったり
袖や楽屋ではもうみんな他の組の歌を歌ってたり
俺これ好きだわー、俺もだわー
なんて会話があったり
今のエモいなーとか
そんな素敵な瞬間がたくさんありました。
監督と歩んできた歴史を感じながら
俺もモニターに釘付けでした🥴
みんなかっけーんですよね😆




そんな風に常に明るいライブでした。
常に笑い声が聞こえていたり
みんな好きが溢れてましたね、
それは僕たちだけじゃなくて
スタッフさんたちも
みんなエーステが好きで
0から何かを作ることに総勢力で挑んで
いつもこだわりぬいて作ってくださってます。
そこに僕たちも熱を注ぎ伝えていく。
全員の好きが募り大きくなり
そして最後に監督の気持ちと合わさることで
最も大きな幸せになるんだなあーと。
感じました。

エーステは幸せな気持ちになれると
多くの人から耳にしますが
本当に僕もそう思ってます。
色んなパワーがあるなって。


ここまで支えてくれた監督に
心から感謝しています。
だからこそ少しでも元気になってくれたり
何かのきっかけになったり
そういうエネルギーが飛んでいたらなと思います☺️




咲也が言っていたように
MANKAIカンパニーはまだまだこれからです。
またどんどん成長していく
MANKAIカンパニーをこれからも
よろしくお願いします😌



そして僕が演じる有栖川誉。
今回は劇中劇で秋組の旗揚げ公演
なんて素敵にピカレスクの
デューイを演じさせていただきました。
これからも誉の新しい一面を探せるように
向き合っていきたいと思います☺️



監督への感謝が満開に咲き
楽しさが開花したライブでした。





応援ありがとうございました!!!
これからもよろしくお願いします!!




また新しい季節へ🌸🌻🍁❄️




Ryosei☆



p.s.


心からありがとう。