そうだ 京都、行こう。 | たなか内科・循環器内科ブログ

たなか内科・循環器内科ブログ

2015年6月に開院した 「たなか内科・循環器内科」 院長が、来院されるすべての患者様に 「受診して良かった」 と思っていただける医院を目指し、日々生じる出来事を前向きに語っていきます。

えー、私事ですが・・、

 

先日金曜、午前診と午後診の合間に半日人間ドックを近隣病院で受けてきました・・。

 

 

朝から絶食の上、採血・ECG・XP・腹部エコー・呼吸機能検査・・で、最後に胃カメラを美味しく(・・な訳ない!)頂きまして、待合室で「男の隠れ家」のソロキャンプ特集を読みつつ、最終ドクターの診察を待っておりました・・。

 

 

ダッチオーブンにランタン、シングルバーナーに焚き火台・・etcと、キャンプ道具は沢山持っているけど、最近は、たまーに河川敷でBBQする程度やし、またキャンプにも行きたいなぁ・・。Morakniv(モーラナイフ)とかも格好いいなー。欲しーなー・・(あんまり使わんと思うけど・・)。って一人妄想に耽ってたところで・・

 

 

おっさん 「田中さーん、診察室へどーぞー。」って呼ばれまして・・

 

おっさん 「胃カメラでGERDが以前同様であること以外、特段、検査データにも異常ありません。」との説明を受け、安心しつつも大急ぎで、空きっ腹に牛をしばいて、クリニックへ戻り、慌ただしく午後診を平常通りこなしておりました・・。

 

しかーし、雑誌の影響か?同日夕から、キャンプを含む、冒険的な男臭い事への憧憬が頭から離れず・・何となく予定の無い連休へ突入することも念頭に・・。


で、翌土曜の午前診終了後の帰路に、突然の思いつきで、妻に電話・・。

 

波平 「今から返るけど、帰宅後に京都(妻の実家)まで自転車で行っても良い?息子と二人で・・。」

 

妻は驚きつつも、両親に承諾を得てくれまして、14時半に帰宅した私・・。

 

昼食後に、学校の宿題をしてた息子に 波平 「今から・・お父さんと京都じいじの所まで自転車で行ってみる?」と質問してみて・・

 

カツオ 「行ってみたいー!しんどそうやけど、面白そうやなぁ。」との私の期待どおりの回答・・。

 

で、早々にリュックにお茶とキャラメルを詰め、首にタオルを巻きつつ、京都までの要所要所の地図をプリントアウトして、自転車のタイヤに空気を入れて、15時半に二人で自宅出発(・・仕事から帰宅後、約1時間!)。

 

 

「そうだ 京都、行こう。」の如く、我ながら突然の思いつき・・というか、息子との長距離サイクリングは、以前よりやりたかった事の1つですが・・出発は完全なる思いつき!

 

淀川沿いを、枚方→牧野→くずは→八幡と通過したあたりから、日も暮れてきて・・結構車も危なかったのですが・・全然疲れたとも言わずに私のスピードにまあまあ普通に付いてくる息子・・。

 

 

満月を右手に観つつ、京都南インターを通過して、東寺の五重の塔を目の当たりにしたあたりからは、 カツオ 「京都に来ちゃったって感じ!」って再度元気を盛り返してきまして・・。

 

 

アドレナリン全開状態で、烏丸通りを北上するも、 カツオ 「お尻と肩と足が(私もでした・・)まあまあ痛くなってきた。」と、さすがに疲れを見せ始めるのでした・・。

 

波平 「そろそろ自転車置いて、タクシー乗っちゃう?」という私の提案には、すかさず、 カツオ 「ここまで来て、お父さん何言うてんのー?」っていう期待通りの正回答で、泣き言も言わずに最後まで頑張る息子・・。

 

で、結局、大阪の自宅から約50kmの道程を、6時間かかって(約40分毎休憩・・)、21時30分に京都のじいじー宅へ無事到着・・。

 

(到着直後のガレージ内で・・疲れてる波平

 

交通事故、熱中症にも注意しつつの走行で結構疲れましたが、中々に親子でやりきった満足感を噛みしめ・・。

 

冷えたビールを頂いて、ぐっすり寝た翌日昼には、車に自転車を積んで帰阪しました・・。

 

が、何故か、息子は1kg体重が増えてて、私は体重増減なし・・。消費したカロリーはどこへ行ったのか?謎ですが・・。

 

親子でお互いに「すごいねー。すごいなー。」って褒めあいっこしてましたが、充実感もそこそこに、時は残酷にも過ぎていき(連休終了)・・もう普通に日常復帰ですねぇ・・。

 

あー腰がまだ痛い・・。

 

ではでは、今週も医療とは全く関係の無い、拙い文章お読みいただき有り難うございました。来週からも宜しくお願い申し上げますよろしくお願いします


朝夕の寒暖差が出てくる時節柄、体調不良の患者さんカゼも増えてきておりますので、皆様お身体御自愛ください。

 

尚、看護婦さんのパート募集もしておりますので、ご興味ある方はクリニックまでご連絡いただければ幸いです(たなか内科・循環器内科)