忘却の彼方 | たなか内科・循環器内科ブログ

たなか内科・循環器内科ブログ

2015年6月に開院した 「たなか内科・循環器内科」 院長が、来院されるすべての患者様に 「受診して良かった」 と思っていただける医院を目指し、日々生じる出来事を前向きに語っていきます。

父がどんどん忘れていきます・・あせる

 

自分のしてきた事を忘れ、家族も忘れ、はたまた日常生活に必要な物事も忘れ・・

 

不安と苛立ちむかっの中にあるのか?母と兄を筆頭に、同居家族にもひどい悪態をつく、つく、つく・・つくつくぼうしアブラゼミ(おもんない・・)。

 

しかしながら、私だけは19の歳から、大学進学の為に、実家を出てたので、父の家長としての認識が薄いダウンのか・・?まだ、ましな対応(激怒したりしない・・)をしてくれてまして・・。

 

母や兄からは、’猛獣使いとら’みたいな、’凄いなー!’みたいな言われ方をしますが・・自分としては複雑叫びです。

 

私の名前は、度々’甥っ子’や’孫’と間違われますし・・!?

 

恐らく子供(息子・家族)としての認識が一番薄いのかな?って思ったりもして悲しくもなります・・しょぼん

 

薬の影響もあってか、日中も目がどんより、どんより曇って雷きて、傾眠傾向ぐぅぐぅも強く、昼夜三日月も逆転・・。

 

おぼつかない足取りで、散歩に連れ出すにも転倒しそうで怖いので・・、

 

先日は、昼夜逆転対策に、幼少時に父によく連れて行ってもらった、大阪城近辺を、父と二人でドライブ車してみました・・。

 

「ここらへんに昔、金魚屋クマノミさんがあって、親父に金魚買いに連れてきて貰ったなぁ!」

 

「野江国道筋商店街にあった’たこ焼き屋さん’にもたまに寄ったよねぇ。」

 

「日曜になったら、天満橋の松坂屋には、よく連れて来て貰ったなあ。

 

「銀橋渡ったら、造幣局が右手に見えてきて・・桜の通り抜け桜にも行ったよね。」

 

等、色々と話しかけるも・・、

 

おじいちゃん「わからんー。」「もう帰るか・・?」「眠たいなぁ・・。」ばっかり・・

 

私にとっては、どんな道でも知ってて、車の運転も上手で、家の雑事は何でも出来ちゃて、優しくて、面白かった偉大な父・・

 

そんな父が、ぼーっとした顔して、私にしてくれた色んな物事も忘れてしまって、ただ助手席で眠たそうに座ってるっていう事実が、もの凄く悲しくて・・しょぼん

 

今となっては、どこにでも連れて行ってあげたいのに・・、

 

母や兄に、怖い顔して、暴言パンチ!を吐くのも・・、聞いててすごく悲しいんです・・汗

 

というか、私など・・週末の短時間だけの父との付き合いですので、良いとこ取り音譜ですが・・、

 

同居家族のお世話の大変さは筆舌に尽くしがたく思われ・・兄弟間で今後の父の事について色々と話し合っております・・。

 

まぁ、介護の大変さを経験することが無ければ、同じ境遇の患者家族の気持ちも分からない訳で・・、

 

父がそのような機会を与えてくれたと・・、やせ我慢しながら、きれい事を言いつつ、無理矢理のプラス思考で、’経験’に対する名言ひらめき電球ばっかり探して自分を奮い立たせてるアップ私です・・。

 

人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が私を強くしてくれた(ウォルト・ディズニー)

 

認知症はじめました(あさとひわ)

 

えー、ではでは、今週も医療とは全く関係の無い、拙い文章お読みいただきありがとうございました。

 

蒸し暑い時節柄、体調不良の患者さんカゼも増えてきておりますので、皆様お身体御自愛ください。来週からも宜しくお願い申し上げますよろしくお願いします

 

尚、当院の夏季休診は、8月5日(月)~8月12日(月)となり、お盆は通常診療となります。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

受付事務(経験不問)看護婦さんのパート募集もしておりますので、ご興味ある方はクリニックまでご連絡いただければ幸いです(たなか内科・循環器内科)