こんにちは。

Good  Info  Bringerで
育児・子育て部門ニコを担当するkikiと申します。
これから育児・子育ての情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願いいたします!


今回は「児童館」についてです。

あなたのご自宅の近くに児童館はございますか?

児童館の他にも同じ目的で支援センターというところもあります。

親子で参加出来るのは、お子さんが未就学児に限ります。

放課後や長期休暇には小学生、中学生も利用します。

未就学児では、まだ入園していない0才~3才くらいのお子さんとママが一緒に多く来館されているようです。



ハムスター来館する理由ハムスター

・ママ友がほしい。

・家で子どもと2人きりだと息がつまる。

・育児の悩みを児童館職員に聞いてほしい。

など、来館される理由は様々です。



ヒヨコ何をやっているの?ヒヨコ

児童館では、ママ、幼児向けのイベントを数多く行われています。
(その児童館によります。)

たとえば、子育てサロン、お祭り、クリスマスパーティー、工作、誕生会などがあります。

また、たくさんのオモチャがあり自由に遊ぶことが出来ます。

乳児向けですとこのようなオモチャがあります。

これは一部のオモチャで、お人形や、ままごとセット、トミカやプラレール、積み木やブロックなどがありますよ。

 

 


うさぎ他のママさんと何を話せばいい?うさぎ

毎日のように来館していると、顔見知りのママさんが出来ます。

月齢が近いお子さんがいると自然に話題が出来ますよね。

・離乳食の進み具合
・発達のこと
・おっぱい
・人見知り、場所見知り など。

話すことは上記以外でも何でもいいと思います。

少し話すきっかけが見つかれば、話は広がりますよ。

雷注意雷

離乳食、心身の発達、身長、体重などのことはかなり個人差があります。

自分の子どもとママ友の子どもを比べるのはやめましょう。

悩んでいること、自分で解決出来ないことなどは保健師や保育士に相談することがベターです。


お願いママ同士で固まっていて輪に入れないお願い

あなたよりも前から児童館に長く通っているママは、児童館内でママ友が出来ている可能性は高いです。

ママ同士で固まっていると話しかけづらい時はありますよね。

そんな時は無理に入ろうとせず、笑顔で挨拶だけはしっかりしましょう。

本来、児童館はママとお子さまが遊ぶ場所。

お子さまといっぱい遊んであげてください。

雷注意雷

ママ同士のおしゃべりに夢中になってしまい子どもを見守るのを忘れてはいませんか?

目を離している隙に他のお子さんと喧嘩をしていたり、怪我をしてしまう可能性は高いです。


くま児童館を行かなくなっても再会?くま

入園して児童館に通わなくなっても病院、習い事で再会することがあります。

習い事を始めたのはいいけれど、知り合いがいないわと思っていると、児童館で一緒だったママがいた!ということもよくあります。

心強いですよね。


ちょうちょ幼稚園・保育園情報がないちょうちょ

上の子が幼稚園に通っていて、下の子とママが児童館に通っているパターンもあります。

そういったママは幼稚園情報をたくさん持っていることが多いです。

ママの情報は貴重です。

課外活動、幼稚園人気度、幼稚園の行事など、良いアドバイスをしてくれるかもしれません。


いかがでしたか?

児童館はなかなか面白いところです。

最初の一歩は緊張するかもしれません。

しかし、他のママさんも皆さん、最初は緊張したかと思います。

せっかくの育児を児童館でも楽しんでみたらいかがでしょうか?


 

 

AD