衝撃的なラーメン屋さんがオープンしていました。

 

なんだかもう、

動向をずっと注視していたい。

 

そんな衝動に駆られるラーメン屋・・・・・・。

 

 

 

ことの発端は、

いつも行くサンモールの地下のマーボー豆腐丼屋さんが、

何の前触れもなくラーメン屋にジョブチェンジしていたことから始まります。

 

「麺や 日の出」

 

!?

 

完全に、マーボーモードで昼ご飯を食べに出掛けていたので、

お店が丸々替わるのは衝撃的でしたし、

何より5年近く通っていたお店だったので、相当面食らったのですが・・・・・・

 

気を取り直して入店することに。

 

お店の人にお話を聞くと、

先週オーナーが変わってラーメン屋になったとか。

 

そして、

『カレーは売り切れた』とのこと。

 

か、カレーが先に!?

 

 

気持ちいいくらいの、

「カレー」と「ラーメン」しかないメニュー。

 

おまけに、トッピングが豊富かと言われれば、

大盛りか普通盛りかしかない選択肢。

 

なんといういさぎよさ。

 

広島ラーメン界の帝王、陽気が「ラーメン」と「むすび」しかないのと似通った、思い切りの良さを感じます。

 

 

で、

出てきたラーメンがこちら。

 

 

!!!!

 

驚くほどの透明度。

澄みまくりです。

 

でも、しっかりと味は出てます。

薄味なんてことはありません。

 

 

呉のモリス的な、

職人気質で伝統工芸品的な、クリアスープ。

 

具材も、

ネギ・メンマ・チャーシューと、

余分なものを一切排した、

正々堂々も、正々堂々過ぎるくらいの一杯。

 

なかなかどうして、

かなり思い切ったラーメン。

 

好きな人は、たまらなく好きでしょう。

 

 

 

 

さて、

この「日の出ラーメン」はここ、サンモール地下の食堂街で、どこまで生き残れるのか。

 

この場所には「蓬莱(ほうらい)」という、中華の絶対王者が君臨していますが。果たして、日は昇るのか否か。

 

 

 

それとは別に、

このお店のカッコイイなとしびれたポイントが別にあって。

 

レジ横に、こんな張り紙がしてあるんですよ。

 

 

イイネ!

 

このすがすがしさ。

 

田中は支持します。

 

 

だけど・・・売り切れるほどのカレーライスって何なんだ!?

ラーメン屋のカレーが気になってきた。

 

また・・・行くしか!!