ダイヤオレンジ現在お勤め・パート・主婦などで起業予定はないが、お金を豊かに回したい方


【特徴】
このグループの方たちは、「主婦だから稼ぐのは無理」「公務員だから副業は無理」と思っていらっしゃる方が多いです。
自分では「ない」と思っている「お金の入り口」を見つけて、お金が入ってくるように取り組みをします。


【コンサルの流れ】
お金の入り口を見つけ、入ってくるようにするための取り組みをお伝えします。
また、お金につながる日常の些細な行動についても、細かくアドバイスします。

コンサル期間中はメールやLINEでも随時フォローします。

コンサル3回(約3ヶ月)で豊かさを実感されて、コンサルを卒業する方が多いです。






お客様の具体的な事例をご紹介します。

 

 

 

◆Gさん(主婦)

本来の夫婦のあるべき姿に戻ってもらうことで、お金だけでなく、すべてがうまく循環するようになった例をご紹介します。

<コンサル1回目>
夫婦仲が悪くなっており「旦那のためにお金を使いたくない」というご相談でした。

旦那さんに大切にされることで自分を取り戻すことができる人だなと思いましたので、「旦那さんに自分をお姫様として接してもらうこと」を課題としました。

<コンサル2回目>
1回目の課題を実行したところ、旦那さんが喜んでくれるようになったとご報告をいただきました。

2回目のコンサルでは、一緒に行きたいところがあると言われたので、同行の行き帰りでコンサルをおこないました。

ほかにも行きたいところがあると言われたので、「それを旦那さんと一緒に行って楽しんでくること」を課題としました。

<コンサル3回目>
この頃には家庭の中でだいぶ変化が見られるようになりました。

「夫婦仲がよかった頃を思い出し、旦那さんや子供とも話し合いができるようになった。
家の中も片付いたし、自然とダイエットもできた」とのことでした。

<後日談>
旦那さんに海外旅行に何度も連れていってもらい、義理のお母さんからもお小遣いをもらえるようになったそうです。

 

 

 

 

 

 

◆Hさん(主婦)

「お母さんがくれると言っていたお金がもらえなくなった。兄弟の中で自分だけかわいがられていない。
お母さんが持っているお金を平等に分けてもらいたい」というご相談でした。

<コンサル1回目>
お話をうかがって、この方のお金の入り口はお母さんだなと思いましたので、課題は「お母さんの愚痴を聞く代わりに、ご飯をおごってもらうこと」にしました。

目的がブレがちな方でしたので(お金をもらう目的で行ったはずなのに、お母さんとケンカして帰って来てしまうなど)そこを忘れないように、コンサル後も随時フォローを行いました。

<コンサル2回目>
1回目の課題を実行したところ、お母さんはなんだか嬉しそうだったとのことでした。
次の課題は「誕生日にお金をもらってくる」としました。

お小遣いのもらいかたのアドバイスもLINEで随時フォローしました。

<コンサル3回目>
ニコニコしながらコンサルにいらっしゃいました。

保険の満期になったお金を、兄弟で均等に分けてもらえたということです。

その後も、お母さんに優しくできるようになり、しょっちゅうご飯に行って、お小遣いをもらえるようになったそうです。