スルガ銀行の不適切融資 | 池田で働く不動産屋の日記

池田で働く不動産屋の日記

創業昭和24年の不動産屋3代目として「創業守成」を実感しながら、仕事をしている日々の出来事を綴っています。
また、2010年に社団法人池田青年会議所第48代理事長を務め、生まれ育ったまち「池田市」に愛着を持ち、地域社会貢献活動も積極的に行っています。


テーマ:

 

本日の日経新聞朝刊の記事です。

シェアハウスの「カボチャの馬車」をきっかけに明るみに出た

投資用不動産に対するスルガ銀行の不適切融資に関する記事です。

 

投資用不動産に融資した1.7兆円のうち6割について

不正な疑いがあるという調査内容です。

 

スルガ銀行も悪いですが、仲介した不動産会社、売主も同様です。

 

不動産取引で騙されないためには、

信頼できる担当者をまず見つけることです。

 

物件探しは、信頼できる担当者を見つけてから

行ってください。

池田人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります