我が家にワーゲンバスがやって来た!







いよいよ、







タムタム'sおにぎりスタンド






キッチンカー!








と、夢を見せてくれたあの二日間❣️







大阪から北海道蘭越町の米農家に
嫁いで26年のタムタムヨーコです👍






15年前、ガルバリウム壁が出始めた頃、
紺色に赤のラインを入れたマイホームを
夫婦で設計や施工にも携わり、大好きな
家になったこの、蘭越ファームタムタム。






1967年式のワーゲンバスがよく似合うと
思いませんか?😆ホント、置いていって
欲しかったわ〜






さてと冗談はさておき、
SNSをやってなかったら
絶対に知り合わなかっただろう
3人の旅人が先週、この蘭越町の
我が家にワーゲンバスで会いに来てくれた。






その3人とは







コイツら!
(大好きやから敢えてこう言わしてもらうよ〜)








左手のアフロは、当初マーケティングコンサルタントを名乗っていましたが、藍染人、DJ、旅人等々
もはや何を生業としているのかが、不思議な
『わいざん』






だけど確かに言えるのは、彼は確実に
人の生き方を変える思考を持っている。
("yzan思考"と名付けておられる)
自分の弱さや出来ない事を隠さず認め、
強制せず、縛らず、依存せず、
楽しい事を見つけ、人を全肯定してくれる。




そんな彼の脳みそを覗けてそれぞれが
ヒントをもらえるのが彼のオンラインサロン。











そのサロンの企画で全国のメンバーに
会いに日本一周すると言う事を知った私は、
これが私のタイミング〜♬
とそれまで二の足踏んでた入会を即決!





おかげで北海道でも辺鄙な蘭越町に
来る事になった3人です😆僻地三級〜
しかも、11月の後半、普段なら雪景色。
1967年式ワーゲンバスには厳しいかも〜
とドキドキでしたが、お天気に恵まれて、
持ってる感満載の3人☀️







さて、真ん中の方がこのワーゲンバスに
惚れ込んだオーナーの『くっすん』






彼もまた出会う人たちの生き方を
変える程の生き様を見せてくれます👍
一見強面ですが、彼の瞳は少年そのもの⚾️
若い頃車屋を起業して軌道に乗ったら、
ワクワクしなくなったと言って手放し、
スリランカで不動産王になる!とか、
YouTuberやってたり、自宅横にアメリカンな
ガレージカフェを、やったりと
この少年の目はキラキラしてます🤩










ガレージ製作途中も思ったし、11月に
現地に行って中を見て思ったけど、
彼の好みのセンスに似てる!






内装から薪ストーブ、アメリカンの感じが
全て私の好みにハマってるヨネ!





こんな感じのkussunガレージカフェ☕️↓(2枚)









で、我が家はこんな感じ↓(2枚)











くっすんも好み似てると言ってた、
我が家の玄関に貼っている『MEKICAN』








映画の話はまた今度。








で、右端の方、別名『砂漠』と名付けられ、
アフロとスターを手懐ける『ぽこみち』君。
わいざんが独立した時からの
相棒という事ですが、彼が居ないと
何にも出来ないわいざんなので、
やはり一番の肝なのだろうね〜






ブログの勉強して、今やあちこちから
依頼が舞い込むブロガー。











今回の旅の資金を調達するのに、
あちこちでメンバーの野菜やグッズを
売りながら北上して来たワー子(ワーゲンバスの
名前)とその仲間たち!






バイトしながら調達するのオモロイやん😆
と言う事で、我が家では
薪割りバイトをしてもらいました〜







まぁ、腹よじれるくらい笑ったよ❣️






まずは、
『こんなの出来ますよ!ガレージも薪割り
するんですから!』と豪語していたくっすん。







まぁ最初のへっぴり腰ったら🤣











でもね〜さすがです!
何回かやってるうちに、コツを掴んで
上達してきましたよ👍







くっすんの写真を撮り続けてたわいざん。







いきなり太い丸太をチョイス!
これがまた、大笑い🤣






虚しく鈍い音で、斧が木に刺さるだけ〜









そんな中、一番上手だったのはぽこさん。












力まず、斧の重みでパッカーーーーーンと
いい音たてて、快調に割って熱くなって
上着脱ぐくらい💪






ライブ配信してましたが、皆さん
一番軟弱そうなぽこさんの薪割りに
賞賛の嵐❣️人は見かけによらぬとは
まさにこの事だね😊







そして瀬棚町から蘭越まで来てくれた
同じメンバーのたるちゃん。
🦀帽子被せて薪割り上手やったです!
私の夫と思い込んでたわいざんに大笑い!
農家は何故に被り物が好きなんだ!
ってマジに思ってたらしい〜
高知のトマト農家の茜さんご夫婦は
2人でアフロだったもんね🤣








この後、札幌からJRで蘭越に来たこなちゃんを
駅に迎えに行ってもらい温泉に♨️
その間、蘭越のお母ちゃんはご飯の
セッティングをしておりました❣️






と言う事で、『わいざんどうでしょうin蘭越』
薪割り編はここまでにしようかな。
次回は夕食編。
貧乏旅のはずなのに、函館で毛蟹を3杯も
買ってきてくれた息子達。
大笑いした夕食時間の様子を書こうと思います❣️








なんでこんなに笑えるの?
それはね、私も企画段階からずっと
浮かんだアイデアを提案したり、
ワーゲンバスの旅をSNSで追いかけて
蘭越に到着する前から既に参加している
からだよね❣️








誰の役にもたちませんが、私自身の役にたつ
そんなブログでしたのに、最後まで読んで
くださりありがとうございました!







わいざん、写真使わせてもらいました〜
ありがとうございます!







では、もう寝ます〜
おやすみなさい💤