色々と話題の「大和型」のプラモデルをご紹介です。 | ホビーショップタムタム相模原店のブログ

ホビーショップタムタム相模原店のブログ

ホビーショップ タムタム相模原店のスタッフが毎日ホビーに関するあれこれを皆様にお届けするブログです!

プラモデル部です。

 

今回は、現在公開中の映画「アルキメデスの大戦」や

昨夜にNHK BS1で「幻の巨大空母”信濃”」が放送されたりと、何かと話題の「大和型」!

 

当店に御用意のある「大和型」のキットをご紹介いたします。

 

 

先ず、ご紹介するのは・・・・

勿論!ネームシップとなった「大和型」一番艦!!

「大和」です!!

 

史上最大!46cm主砲を3基9門を備え、防御面でも重要区画を守るバイタルパートには対46cm砲防御を施した「最大最強の軍艦」として有名ですが・・・・

 

日本海軍の艦艇の中でも飛びぬけて大きいイメージをお持ちの方も少なくないかと思いますが・・・・・

 

実は、連合国側に建造を秘密にするために設計時に全長の制限があった為・・・

有名な「空母 赤城」と比べても3m程の差しかないんですよ!

(空母 赤城の全長は260.67m、戦艦 大和の全長は263.56m)

 

これだけ強力な兵装を備えた艦なら、本来なら1.3~1.5倍位の全長が必要とされていたとの事なのですが・・・・

 

46cm主砲を3基9門の一斉射撃の衝撃にも耐えられる安定性と、艦首に球状艦首の「バルバス・バウ」を採用する(当時の艦で、大きく突き出したバルバス・バウ形状を採用したのは大和型が初めてとの事です)等の工夫を重ねて、水の抵抗を極力減らすことに成功し、27ノットの速力を確保したりと・・・苦労と試行錯誤の繰り返しの上で完成した艦なんですよ!

 

意外な事に?日本人が得意とされる「コンパクトにまとめる」事の象徴のような艦なんですよ、実は・・・・

 

 

 

迫力のビッグスケール!

タミヤ製 1/350スケール「日本戦艦 大和」!!

担当も予算と時間があれば・・・是非 、作りたいアイテムです!!

 

「大和」の大型キットは他にも

ハセガワ製の1/450スケールキット

フジミ製の1/500スケールキットもご用意がございますよ!!

 

更に、定番スケールの1/700スケールキットでは・・・

 

タミヤ製の

最終時の姿を再現した「戦艦 大和」

 

故ポール・アレン氏のチームが発見して話題となった

大和型戦艦 2番艦「戦艦 武蔵」!

コチラは、艦の左右にも副砲を配置した竣工時の姿を再現していますよ!

 

建造中に航空母艦へ改造され、初出航から17時間で沈んでしまった幻の巨大空母

大和型3番艦の「信濃」

 

タミヤ製1/700スケールなら、大和型が揃っていますよ!

 

「大和」は最終出撃時を、「武蔵」は竣工時を再現したキットとなっておりますので、空母に改造された「信濃」と3隻を作り比べてみるのも楽しみの一つですね♪

 

その他にも

 

細かいディテールで人気のフジミ製キットでは

当店には「大和」と「信濃」がございます。

コチラは、艦底部も付属したフルハル仕様となっておりますよ!

 

コチラも人気のメーカー!アオシマ製キットでは・・・

「戦艦 武蔵」がございます!

 

ピットロード製キットにも

「戦艦 大和」就役時の姿をキット化!

 

コチラのキットには、限定版のエッチングパーツ付きもございます。

 

非常に暑い日が続いております。

こんな日には、空調の効いた室内で・・・

じっくりと模型製作に没頭してみるのは如何でしょうか?

 

以上、プラモデル部からでした