【ミリタリー】ミリタリーコーナー今週の新顔紹介(オートマチック編) | ホビーショップタムタム神戸店のブログ

ホビーショップタムタム神戸店のブログ

ブログの説明を入力します。

 

 

 

ハローワールド(全世界向け挨拶)

ミリタリー担当スケ六です。

 

 

 

さてさて、今週はミリタリーコーナーにもイロイロと入荷がありましたので、サラリと紹介していきたいなと。

まずはハンドガン、オートマチック系の商品を2つ程ご案内~

1つ目は新商品ですよ。

 

 

 

 

 

 

KSC製

ガスブローバックハンドガン

P260SL HW

税込定価 ¥24,750

↓   ↓

タムタム価格

¥23,513 (税込)

 

 

 

 

 

 

新製品、と前述しておりましたが。再生産品とも呼べるのかな?なKSCさんの『P230SL HW』です。

 

 

 

 

 

 

過去に販売されていたP230ステンレスシルバーが、ヘヴィウェイト使用での復活! 塗装も一新し、マガジンも新型になりました。

 

 

 

~以下、公式サイトより抜粋~

 

ユーロ圏の伝統を受け継いだデザインと、透明感のあるステンレスカラーが調和した端正な中型オートを、高比重HW素材によって製作。
シルバーモデル特有の軽さを解消し、HW専用エンジンによる快調ブローバックが楽しめます。
突き抜けるように輝くステンレスカラーは、自動車の内装部品と同グレードの熱処理塗装を採用し、透き通るような明るさとキラメキ感を追求。マガジン部も実際にステンレス板を噛み合わせて成型した本格派です。

 

 

 

それではもう一つもご紹介していきましょう。

 

 

 

 

 

 

タナカワークス製

ガスブローバックハンドガン

LUGER P08

4inch

1918 erfurt ver.

税込定価 ¥30,580

↓   ↓

タムタム価格

¥25,993 (税込)

 

 

 

 

 

 

コチラは当店でも何度か再入荷しているタナカさんの『ルガーP08 エルフルト ver.』です。

 

 

 

 

 

 

トグルのトップ部分ににERFURTとクラウンマークの刻印入り。

グリップなどもエルフルト兵器工廠製であることを意識してウッド調にしたりと、コダワリ感の強い一丁に仕上がっておりまする。

 

 

 

~以下、公式サイトより抜粋~

 

 

 

エルフルトとは1911年から第一次世界大戦終結までP08を生産していたプロイセン政府所有の兵器工場であり、ここで生産されたP08は粗々しいグレーカラーなのが特徴です。このモデルを再現するため、グリップは黒いベークライトタイプから、木目調に変更し、トグルにはエルフルト製を示すクラウン(王冠)マークが入ります。バレルやレシーバー、トリガープレートにもクラウン付きゴシック文字のプルーフマークが付き、レシーバー右の最終検査を示すアドラー(鷲)は、プロイセン王国の国旗に登場し、ヴァイマール、ナチスを経て、現在のドイツにも引き継がれ描かれています。

 

 

 

スマートで近代的なシルエットの『P230SL HW』と、

歴史を感じさせる風格の『ルガーP08 エルフルトver.』。

それぞれに魅力的なこの2丁、ぜひともよろしくお願い致します。

 

 

 

といったところで今回はここまで。

でわでわ!ノシ