こんばんは。

 

働くママ、

魔法の時短料理研究家 

 

たむママです。

 

時短料理研究家たむママってどんな人?→

 

 

今回は、

家事はそこそこ、

料理が苦手だったフルタイムママが、

料理ブログを始めたきっかけについて

お話します。

 

 

平日は朝から晩まで仕事一色。

フルタイム正社員だから仕方がない。

家事は手抜きでも仕方がない。

 

 

「だって、大変だから。」

「働いて家計を助けてるんだから。」

 

 

なんで旦那は仕事だけして、

私ばっかり家事をしないといけないの?

 

 

ず~っとそんな思考で過ごしていました。

すると、そんな思考が引き寄せる出来事は

「大変」で「私ばかり損する」ことばかり。

 

 

そのうち、仕事にも、

モチベーションが持てなくなり、

家事もますますやる気がなくなりました。

特に料理は一番手を抜いていました

 

 

買ってきたお惣菜、外食・・・

とことん手を抜き、

出費だけ増えていきました。

 

 

「これではいけない、

  私も家族もちっとも喜ばない」

ずっとそう思ってました。

 

 

仕事が終わっても、料理が待っていると

思うと帰宅するのも気が重くなり、

休みの日はひたすらダラダラ過ごす。

 

 

でも、抜け出したい!

そう心が叫んでました。

 

 

そんな時に大きな存在になったのが

 

 

学生時代からの親友であり、

信頼と尊敬をよせる友人です。

 

 

その友人はどれだけ忙しくても、

料理の手は抜かない。

「シュウマイ」が食べたくなったら、

シュウマイを自分で作る。

 

 

私は、彼女がなぜそこまで、

料理をすることができるのか、

知りたくなりました。

 

 

彼女や、彼女と同じように

毎日料理をきちんとしている

人たちを研究することにしました。

 

 

私と彼女たちは何が、

どう違うんだろう?

 

 

まずは料理をきちんとしている彼女たちの

 

『マインド』の研究から

始めました

 

 

ここから、

時短料理研究家

たむママの研究が

始まります。

 

 

この続きは、

また次回に。

 

 

フルタイムママは、

料理をゆっくりする時間はないけれど、

それでも毎日、家族のために、

料理を作ります。

 

 

時間がない!疲れる!

毎日献立考えるだけでも大変!

 

 

そんな必殺仕事人、

でも家事はそこそこ、

料理は苦手だったたむママでも

 

 

“ワンポイントの工夫”という魔法で、

時短料理を誕生させてきました。

 

 

そんなたむママが、

「パパッとできて、

見栄えも工夫した、

美味しぃ時短料理」

ご紹介します。

 

 

そして、

私が一番手に入れたかった

料理を楽しむマインドについてのお話も

(このマインドはまだ進歩途中(^.^))

どんどん提供していきます!

 

 

たむママ