2007-08-04 14:44:53

第7回_吉田秀雄_21世紀の人材

テーマ:広告
「仕事は自ら創る可(べ)きで与えられる可(ベ)きではない」これは電通「鬼10則」の第1章を飾るあまりにも有名な言葉だ。
この電通「鬼10則」は、電通の4代目社長で電通中興の祖と言われる吉田秀雄氏が、昭和26年に社員のために書き留めたビジネスの鉄則、つまり原理原則です。最近の電通の若手社員には批判的な者も多いようだが世界のGE(ゼネラルエレクトロニック社)でも英語で翻訳され飾られているほどのものだ。


しかしこの「鬼10則」にあるように指示待ち人間ではなく自ら仕事を創り出せる人材が日本でどれ程いるであろうか?


私は人材ビジネスにも関わっているが残念ながらこのような人材にはほとんどお目にかかることがない。


何故だろうか、バブル期は仕事は勝手にやって来た、得意先から郵便配達のように持ち込まれたそんな時代もあったかもしれない。


しかしバブルが弾けて16年が過ぎ、果報は寝て待て式の仕事等どこにもあるはずがない。
私は日本で独創的な人材が少ないのは日本の企業は創造性より協調性を重視するからといった単純な問題とは考えず、1941年の国民学校令にまで遡ぼるのではないかと思う。


「日本は第2次世界大戦によって生まれ変わった」私達は学校でそう教えられて来た。終戦時に日本は軍事国家から平和国家への変身を果たした。新憲法の制定や公職追放に続き、財閥解体、農地改革、労働立法などの戦後改革が行なわれ、このような改革が、戦後の経済成長の要因になったと教えられてきた。


しかし確かに戦後に変わった制度は多いが、実際は1940年前後に作られた制度が戦後も多く残ったことはあまり知られていない。


世界で初めての源泉徴収制度、法人税の導入といった直接税中心の税制度、終身雇用制、年功序列賃金体系の原型、直接金融から間接金融への改革といった、現在もその制度や体質が残っている多くの経済システムは戦後ではなく1940年前後に作られたものなのだ。


これらの経済システムは元々1938年に制定された「国家総動員法」に象徴されるように国の資源や労働力のすべてを戦争目的のために仕向けるために作られたものだ。


それと同じくして日本は本物の近代工業社会を築くために、学校制度を拡げ、規格大量生産の現場に適した「協調性と辛抱強さに富み、個性と独創性の乏しい人材」の養成を行なってきた。この規格大量生産向きの人材を作る試みは、1941年の国民学校令の主要な枠組み、初等教育制と通学区域制によって完成された。


戦後は1940年前後に作られた経済システムと工業社会に適した「協調性と辛抱強さに富み個性と独創性に乏しい人材」との両輪で経済復興を遂げることが出来たのは紛れもない事実であるが、出る杭は打たれる、即ち独創性を持った人材が活躍出来るフィールドがあまりなかったのも事実だ。


今現在、独創性のある人材が少ないのはこうした戦前から延々と受継がれてきた工業社会に適した人材を養成し重宝してきた結果ではないかと思う。
しかし、今企業は生産性の低い社員を抱えている余裕はない。また自ら仕事を創り出せる独創性のある社員がいない企業に未来はないと思う。
私は今こそ電通「鬼10即」を創った吉田秀雄氏の仕事に取り組む姿勢、精神を現在のビジネスマンは学ぶべきではないかと思う。 


また、経営者は人材を埋もらせてはいけない、活躍出来る土壌を作っていくことが大事だ。


売上高日本一のドラックストアーチェン、マツモトキヨシの創業者、松本清氏が松戸市長になっと時に「すぐやる課」を作ったのはあまりにも有名な話だが、この「すぐやる課」の課長に抜擢したのは臼井銀次郎という男で、この男はいわば松戸市役所では窓際族と言っても良い男だった。課長に抜擢された臼井氏は張切り、馬車馬の如く働いた。この「すぐやる課」の活躍で松戸市役所は一躍マスコミに注目されることになった。


独創的な人材のいる企業、真に人材を活かせる経営者のいる企業は21世紀も間違いなく生き残れるだろう。投資家の方々はそういう企業に投資をしてはどうかと思う
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。