2017-09-06 22:34:03

第250回_ブログは人脈を開拓する最強のツール

テーマ:ブログ

昨日、東京スカイツリータウンにある郵政博物館に行ってきた。なぜ、行ったかというと、長年、郵政省(現総務省)に勤務し、この郵政博物館の館長も務めた方に会うためである

 

この元館長(現在は公益財団法人通信文化協会調査役)と会うきっかけになったのが、実はこの偉人列伝のブログである

 

私はフェイスブックで一日一回、偉人の名言を呟いているのだが、元館長は毎日、この名言を見てくれて、コメントもしてくれる方であった

 

ひょんなことから、この元館長が、私のブログを前から熱心に読んでくれていたことが最近分かったのである

 

6年前の東日本大震災があった直後に、私は後藤新平(ごとう・しんぺい)という政治家の一代記をこのブログで書いた

 

今から94年前に起こった関東大震災から、いち早く東京が復興出来たのは、この後藤という政治家のリーダシップがあったからに他ならない。後藤は日本ではこの帝都復興で名を残した政治家といっていいだろう

 

また、後藤は台湾総督府民政長官も務めた。台湾では後藤の功績をたたえ、大きな記念館も設立されている。日本人よりも台湾人の方が知っている政治家といってもいいだろう

 

後藤新平の一代記は7話にわたる大作であったが、多くの人が最後まで読んでくれている

 

【アメブロの後藤新平の記事(全7話)を一つにまとめたのが下記】

http://tamiyataku2.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

 

 

 

この一代記は、大変反響がり、読者から下記のようなコメントを60件以上頂いた

 

 

「すばらしい話でした後藤新平のこの偉業が後世に伝えられる事は大変すばらしい事です」

 

「毎回、感銘を受けています。総理にも読んで欲しい偉人伝です」

 

「今日の記事も感動して、涙止まらなかった。ありがとうございました。次回も楽しみにしてます」

 

「後藤新平さんの名前は正直知りませんでした。お恥ずかしい。でも読みながら心が熱くなるのを感じました」

 

 

 

60件ものコメントは本当に嬉しかったのだが、昨日お会いした、郵政博物館の元館長からのメールはもっと嬉しいものであった。6年も前に書いた記事が、こんなところで役立っていたとは夢にも思わなかった

 

以下、元館長からのフェイスブックのメッセージをそのまま記す

(※一部、読者が分かりやすいように変更)

 

 

「おはようございます!まずお礼を。私は昨年から台湾旅行準備のためいろいろ資料を読み漁っていましたが、一番参考になったのが田宮さんのブログでした。お礼が遅くなり大変失礼しました!おかげさまで、併読した本などと組み合わせ、後藤新平について参加者に事前説明することができました(中略)今年3月の台湾旅行は大成功でした。旅行した2週間後に中華郵政公司の社長が来日し、来年もどうぞ、と言って帰りました。田宮さんのブログは参加者の台湾旅行の予備知識に大きな影響を与えました。帰国後盛岡に行った帰りに水沢の後藤新平記念館に寄ってきた参加者夫妻もいるくらいです!ビックリでしょう?ありがとうございました。(^_^.)」

 

 

 

岩手県の水沢にある後藤新平記念館にわざわざ立ち寄った人もいるというから驚きである。元館長も、この後藤新平の記事を書いたのが、普段フェイスブックで交流している田宮さんと分かり、相当、驚かれたようだ

 

そして、元館長から、郵政博物館でお会いしませんかとお誘いを頂いた。郵便制度の父と言われる前島密(まえじま・ひそか)の詳細資料も全て揃っているので見せてくれるというのだ。前島密のことは一度、調べようと思ったが、あまり本や資料がなく諦めたことがあった人物である

 

これはもう断る理由は何もないので、郵政博物館に行ったというのが、ことの顛末である

 

元館長との話は、後藤新平、前島密、郵便局の成り立ち、歴史、明治維新など濃密な話が5時間におよんだが、話がつきない。偉人列伝を書くにあたってのネタが満載であった

 

また、定期的に情報交換をしようということで別れた。このブログを通じて思わぬ人脈を得られたことは貴重な財産である

 

 

林元館長とツーショット

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。