2018-01-26 22:32:55

第252回_野中広務元官房長官との思い出

テーマ:ブログ

2018126日、野中広務元官房長官が死去した

 

訃報の知らせをニュースで知って野中元官房長官との「ささやかな思い出」が蘇ったのでそのことを書いてみた

 

野中さんといえば、内閣官房長官(第63代)、沖縄開発庁長官(第38代)、自由民主党幹事長などの要職を歴任した気骨ある政治家であったと思う

 

常に弱い者の味方で、都内に事務所や自宅も持たず、見返りを必ず求められるからという理由で、政治資金を集めるためのパーティも一度も開かなかった政治家である

 

選挙区の京都より、沖縄を隅々まで廻っていたと言われるほど、沖縄への寄り添う気持ちが強かった政治家でもある

 

そんな野中さんと毎週2回ほど、顔を合わせることがあった。野中さんが小渕内閣の時に官房長官をしていた時である

 

僕はその当時、東京の高輪の議員宿舎で青い制服を着て、守衛のアルバイトをしていた

 

受付に座っているだけの仕事なのだが、議員の宿舎には、政治家宛にお中元やお歳暮などが届く

 

届いた荷物を渡して受け取ったサインをもらうのも守衛の仕事であった。ちなみに、後に総理大臣になる小泉純一郎さんは高輪の宿舎で寝泊まりをしていたので、小泉さん宛ての荷物も届いた

 

小泉さんはお中元もお歳暮も一切受け取らないといわれたが、あれは本当である。小泉さん宛てに届いた荷物だけ、仕様が違っていて、荷物は本人に渡さず、全部着払いで、贈り主に返していたからだ

 

他の議員には荷物を渡すのだが、だいたいは受付に荷物を取りに来るのは、家族か秘書の人であった

 

ところが、当時、官房長官の野中さんは2000過ぎに宿舎に戻ってくるのだが、本人が受付に来てサインをする。その時に野中さんとは5cmほどの近さになる。もの凄いオーラを感じ、この時ばかりは緊張したことを覚えている

 

この守衛のアルバイトはシフトで週2回ほど入っていたので、毎週2回、野中さんと顔を合わせていたということだ

 

この守衛の仕事の面白いところは、何かしら用事を頼まれて、議員の部屋に入る機会があることである

 

部屋に入ると、僕は必ず書籍をチェックした。本棚を見ると、その人なりが分ると言われるが、僕はどの政治家がどういう本を読んでいるかを知れることが楽しみであった

 

だいたい、大きな本棚は1つか2つあり。政治や歴史の本が多く、経済を専門としている政治家は経済関係の本、社会保障の専門家は、医療や福祉の本が多かったと思う

 

当時、高輪の宿舎で寝泊まりしている議員では、野中官房長官が一番の大物であったので、どんな本を読んでいるか興味津々。僕は部屋に入る機会をうかがっていた

 

すると、その機会が来た。奥さんから、部屋の電球が切れたので替えてほしいと連絡あったので、「田宮、お前、行ってきてくれ」と職員の人から言われたのだ

 

僕は、ワクワクしながら野中さんの部屋に入った。野中さんといえば、一時は総理候補になり、陰の総理とも言われた政治家である。いったいどんな本を読んでいるのか

 

電球を替えてから、奥さんに怪しまれないように、そっと書籍を探した

 

すると何てことでしょう! 

 

予想外の結末!

 

本棚がない!

 

え、野中さんて、本、読まない人なの? 本読まなくても官房長官になれるのか?

 

拍子抜けしてしまったことを覚えている

 

まあ、本棚がないからといって、本を読まないとは限らないし、たまたま、その時、何か事情があって本棚がなかっただけかもしれない

 

いや、きっと選挙区の自宅には本棚があるのだろうと自分に言い聞かせたことを思い出す

 

すみません。大した落ちではありませが、「ささやかな思い出」なのでお許しいただきたい(笑)

 

ご冥福をお祈りいたします!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。