2015-03-18 22:29:59

第246回_日本の商人道

テーマ:財閥
「人生はまさにブーメランだ。人に与えたものは手元に返ってくる」
カーネギー(鉄鋼王)



1590年、銅精錬の修行をした蘇我理右衛門(そが・りえもん)という男が、京都寺町五条に「泉屋」として独立した。若干19歳の頃である

当時の日本の銅精錬の技術は未熟で、粗銅に含まれる銀を抜き出すことが出来なかった。そのため輸出をすると、外国商人は大喜びである。日本から銅を買うと銀も含まれているのだから、喜ぶのは当然であった

そこで理右衛門は南蛮人(ヨーロッパ人)に銅と銀の吹き分けが出来る原理を聞いて回り、ついに銅と銀を分ける新技術を習得した。この技術は「南蛮吹き」と呼ばれた

この技術により泉屋は大いに栄え、銅業界での確固たる地位を築く

しかし、この男の凄いところは、この銅と銀とを分ける「南蛮吹き」の技術を同業者に惜しみなく教えたことである

長男の友以(とももち)も父・理右衛門の意志を継ぎ、大坂に進出。父・理右衛門と協力して同業者に「南蛮吹き」の技術を公開した

本来、企業秘密とすべき「南蛮吹き」を同業に公開したら、「泉屋」は商売が成り立たなくなるのではないかと思われるかもしれないが、そうはならなかった

公開することで泉屋は「南蛮吹きの宗家」として尊敬され、同時に大坂は日本の銅精錬業の中心となった

この蘇我理右衛門という人物が、世界最古の財閥、住友財閥の業祖と呼ばれる男で、家祖と呼ばれる義弟の住友政友とともに、住友財閥の創業者とされる

400年以上続く、住友財閥のルーツはここにたどり着く

さらに、住友家4代目の住友友芳(住友中興の祖)は、愛媛県の別子銅山を発見する。この別子銅山が江戸時代、住友家のドル箱となった。1973年に閉山するまでの約300年間、日本屈指の銅山として君臨した

私は、日本の商人道の核となる精神は「共存共栄」にあるのではないかと思う。自分のところだけ儲かればいいとは考えない。

現・アサヒビールの初代社長の山本為三郎は生粋の大阪町人であった。大阪人を知りたければ山本の家にいけば一番正統な大阪が残っていると言われるぐらいであった

そんな山本は生前
「大阪の道修町の街は端から端まで薬屋が並んでいるが食うか食われるかの激しい競争ではなく共存共栄の精神で徹してきたのだと思う。これが本当の大阪商人である」と語っていたという

また大阪商人の商人訓で「近所に同業ができたら誼みを厚くして相励め」というのがある。同業は競争者ではないという精神である。

近江商人の三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」も共存共栄の精神から来ているのではなかろうか

商売を大きく繁盛させたいと思うならば、まずすることは「自分だけ儲かればいい」「自分だけ生き残ればいい」という考えを捨てることであろう


関連サイト
山本為三郎語録 http://bit.ly/zsrz80
人物別名言集 http://meigennooukoku.net/
テーマ別名言集 http://meigennokuni.blog.fc2.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。