2013-11-20 21:46:03

第237回_食品偽装表示で思うこと

テーマ:食品

ここのところ、立て続けに大手ホテルや百貨店のレストランで『誤表示』があったと社長が釈明会見を行なっている。偽装ではなく『誤表示』と説明するが彼らは本当に責任を感じているのだろうか。ずっと会社がやってきたこと、たまたま自分が社長の時に発覚してしまって、運が悪かったぐらいにしか思っていないのではなかろうか。


今回の偽装の発覚で最も危惧することは世界から日本の商売道徳について疑いの眼で見られることである。


嘘をつかないというのは、信用を得るための万国共通の商売道徳であると思う。嘘をついて繁栄し続ける企業などあるはずがない。


日本のお菓子業界のパイオニアである森永製菓の創業者、森永太一郎の言葉に『商売は正直でなければ栄えません』というのがある。


太一郎がアメリカで12年間修業して洋菓子造りの技術を身につけ、帰国して東京の赤坂溜池で僅か2坪の作業場兼店舗を開き、「森永西洋菓子製造所」の看板を揚げたのは明治328月、太一郎35歳の時であった。ちなみに最初に製造したのがマシュマロである。


太一郎の正直さが分かるこんなエピソードがある。ようやく、商売が軌道に乗りかけた頃である。ボール箱入りの折詰をアメリカ式に「揚げ底」をなくした時に、問屋や小売店から「これでは見かけが小さくて売りにくいから揚け底にしてくれ」と要求されることがあった。しかし太一郎はこれらの要求をすべて拒否する。「揚げ底にすると、余分な材料が要るばかりか運賃もかさみます。それに受け取った人は容れ物の大きさに比べて中身が少ないため、馬鹿にされたような気分にさせます」「そんなこと言っても、揚げ底は昔からの習慣だよ」「こういう習慣は百害あって一利もないので私は断じてやりません」といい問屋や小売店に妥協をしなかった。


またアメリカでは経験しなかった日本の高温多湿の風土に製品が傷み、返品の山を築き泣く泣く捨てる日が続いたことがあった。大変な損失であったが、返品のあった得意先へは直ぐに新品を無償で届けて信用回復に努めていくことをした。


太一郎のこうした商道徳は、彼の信用を高め「森永は商人道を心得た男だ」と評判が立ち太一郎と取引を望む小売店が続出していったという。


こういう太一郎の誠実さは消費者にも伝わるのだろう。いつの間にか駐日アメリカ公使のバック公使夫人が太一郎の店のキャンデーやチョコレートを買いに来るようになり、バック夫人はよほど気に入ったのか、森永西洋菓子製造所の存在を友達や知人にも宣伝してくれた。そのお陰で青木周蔵外務大臣夫人始め、各国の公使夫人が顧客になり口コミにより「森永の洋菓子」は上流社会にも受け入れられるようになっていったという。


また、他にも正直をモットーに商いをし、外国人から信用を得た実業家がいる。世界の時計王、服部金太郎(セイコー創業者)である。最後にこの服部金太郎の言葉を紹介して終わりたい。


『正直は最善の商道である。外国商館が私の小さな店を信用し、何ぞざん新なものとか、何ぞ珍しい時計でも入荷すると、他の店よりまず私の店に売ってくれた。私の店に来れば、時計は豊富で、おのずから客足が多くなり、ここに店運発展の機運を形成するに至った』


関連サイト

森永太一郎語録 http://bit.ly/RwY7Dg

服部金太郎語録 http://bit.ly/ODurEb

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。