2009-02-22 22:09:00

第27回_大屋晋三_安定だけで会社を選んでいいのか?

テーマ:繊維

明治(1894年)に群馬県の田舎で生まれ、正月でも餅どころか米すら一粒もなく、麦を炊いて味噌を舐めて飢えを凌ぐような少年時代を過ごし、辛い目に遭うたびに「今にみていろ」とこぶしを握りしめながらひたすら勉学に励み、やがて東京での働き口を探し、東京での公証役場で働きながらそこでも苦学をして見事に東京商大(現・一橋大学)に合格した男がいました。

大学卒業後、彼が就職先に選んだのは、財閥系でも名門企業でもなく、若くても大きな仕事を任せてくれる当時の神戸の新興企業、鈴木商店でした。鈴木商店は若い会社だけに新入社員にも大きな仕事が任せられました。その環境をふるに活かし、樟脳と薄荷(はっか)の取引に彼の能力はいかんなく発揮されます。

そして彼はそこでの働きぶりが評価され、鈴木商店がおこした会社である帝人が岩国に工場を建設する際の岩国工場建設事務所長に抜擢され、メキメキと頭角を現します。


彼が後に帝人の社長を20数年勤め、吉田内閣の商工大臣、運輸大臣を勤めた大屋晋三です。


今不景気ということがあり学生が就職先として選ぶのが安定している大企業や公務員が多いようです。しかし、つい1年前まで安定していると言われていた大手のメーカーを中心に今大幅な人員削減を行っております。安定をしていると思って入社した会社が5年後、10年後も存続している保証はどこにもありません。


それであれば若くても権限を与えられて真に実力をつけられる環境のある、大企業以外の会社に就職する選択肢もあるのではないか。真に実力がつけば仮にその会社が無くなったとしても他の会社から必ず声がかかるはずです。大手企業に入社したがために何時までたっても実力がつかない環境で仕事をしなければならいことも考えられます。その会社が定年まで存続すればいいかもしれませんが、途中で働くことが出来なくなった時に実力が伴っていなければ再就職はとても厳しいでしょう。




文責 田宮 卓



















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-02-14 00:47:37

第26回_堤康次郎_現実から逃げても成長しない

テーマ:観光

敗戦から2年後「便所掃除と風呂番ぐらいはできます」といって軽井沢のホテルに雇ってもらった男がおりました。


彼は雇われてから、来る日も来る日も早朝は便所掃除、夜は風呂の掃除と与えられた仕事に没頭しました。


朝の5時便所掃除をしていると、そんな時決まって顔を合わせる客がいました。その客は常連客のように来ており、そのうち客から声をかけられるようになりました。「早くから御苦労だな」、「なんという名前かね」「はい駒村と申します」実は、この声をかけた客こそ西武グループの総帥、堤康次郎その人で、当時はみな「大将」と呼んでいました。


それから風呂場でもこの大将と顔を合わすようになり、頼まれて背中を流すようになります。「どうして三助ができるのか?」「はい奉公をしていた時に覚えました」「どう教えられたか?」「はい、アカを落とそうとせず、心臓に向かってこすってやると気持がいいからそうしろと教えられました」「ほう、なかなかいい勉強をしているな」とこの大将は駒村のその実直ぶりと勉強の仕方に感心したようでした。


それから数年後のある日、駒村はグリーンホテルの支配人から呼び出されます。何事だろうと支配人室に出向くと、支配人に「駒村君、君が僕の後任だ」駒村は最初何を言われているのか分からずキョトンとていると、「これは大将じきじきの人事だ、有り難くお受けして粗相のないように、まあ頑張れ」


清掃員が支配人に抜擢されたのであるからホテルじゅうが大騒ぎとなったことは言うまでもない。


昨今、遣りたい仕事と違う、上司と合わないと言って簡単に会社を辞めてしまう若者があまりにも多いです。また、こんな仕事はやりたくない、自分には合わないといってより好みをして何時までたっても就職出来ない若者がいます。


そういった若者達にいいたい。ああだこうだ言って環境を変えるのではなく、まずは目の前の仕事にぶち込んではどうだろうか、目の前のことから逃げている間は何の成長もありません。どんな仕事でも逃げずにぶち込んでいけばその人次第で道は開けるはずです。



文責 田宮 卓 










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-02-08 00:44:44

第25回_岩崎弥太郎_人材の グローバル化はトップ次第

テーマ:財閥

明治時代の初期に三菱が人材のグローバル化に成功した要因は創業者、岩崎弥太郎の器量につきるでしょう。


岩崎弥太郎は天保5年(1834年)に土佐(現高知県)で地下浪人と言われる非常に貧しい浪人の息子として生まれました。後に岩崎は才覚を発揮し、明治2年頃には土佐藩藩営の大阪土佐商会の実質的な責任者となります。


岩崎が責任者になれたのは、外国貿易商と交渉が出来るのが土佐藩では岩崎しかいなかったからで、オールト商会、アメ一商会等、外国の貿易商は岩崎の顔でなければ取引をしませんでした。


岩崎自身英語の読書きは出来ませんでしたが外国人からは絶大な信頼があったわけです。


大阪土佐商会は後に九十九商会、三ッ川商会、三菱商会と改称し廃藩になった時を機に岩崎の私企業になったと言われます。


この三菱財閥の土台を築いている頃に岩崎が力を入れたのが実は英語教育です。これからは英語を知らぬと話にならないということで、大阪の自邸に英語学校を作り若い人材に英語を習わせます。この学校の責任者には大学南校(東大の前身)出身の近藤廉平を抜擢し、グローバル人材の養成にあたりました。この英語学校の生徒の一人がのちに三菱の幹部になる豊川良平です。また弟の弥之助を米国に留学させて新知識の習得をさせます。


このようにトップの岩崎自らがグローバル人材育成に力を入れたことが三菱の人材グローバル化の成功の要因と言えるでしょう。


現代の日本の企業も人材のグローバル化はトップ次第といえるでしょう、逆にトップダウンでなければ絶対に出来ないことです。しかしあまり本気でやろうと考えている経営者はいないようです。



文責 田宮 卓










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。