横浜市長交代、鶴見駅新路線停車ありやなしや | ためや通信
新型コロナウイルスに関する情報について

ためや通信

まっとうな政治を鶴見から

横浜市会第3回定例会が本日10日開会、山中竹春市長が所信表明演説を行ったことがニュースになっております。

 

■横浜・山中市長が「IR撤回宣言」 10月1日に推進室廃止 IR考 | カナロコ by 神奈川新聞

 

市長は「IRの誘致の撤回をここに宣言する」、「10月1日にはIR推進室を廃止する」、と選挙戦で訴えていたカジノ撤回を明確に進めようとしています。山下ふ頭はカジノ抜きのハーバーリゾート構想として再開発するのかといった点や、懸案のコロナ対策について今後も市長の動向に大きな注目寄せられるところ。

応援した者として、期待しつつ見届けようと思っております。

 

さて、鶴見区に関連する話では、「鶴見駅への新路線停車」の実現が気になるところ。

相鉄・JR直通線を停車することができれば、利便性向上、地域振興や、コロナ禍にあって重要な混雑の緩和…。

様々な好影響が期待できます。

 

現状、ホーム設置にかかるコストなどハードルがあり、進んでいない状況ですが、市のトップが変わった今こそ、動きが出る可能性はあります。

新市長と連携し、この課題を推進できるよう取り組まねばならないと考えております。

 

まっとうな政治を鶴見から。ためや義隆