新型コロナウイルス感染症に関連する県の中小企業支援 | ためや通信
新型コロナウイルスに関する情報について

ためや通信

まっとうな政治を鶴見から

 新型コロナウイルス感染症に関連し、県内の中小企業の企業活動にも深刻な影響が出ています。

企業努力では防ぎようのない事態に対し、影響を最小限に食い止めるための支援が必要とされています。さらには、利用しやすく、効果的なものとしていくことが重要です。

 3月4日に開催された産業労働委員会において、県の中小企業支援のあり方について質問をいたしました。
 

 神奈川県は、県内の中小企業に対する金融支援として「売上・利益減少対策融資」(最大8,000万円)および「新型コロナウイルス特別融資枠」(最大2億8,000万円)をスタート。

 直近1か月の減収(前年度比5%以上)とその後2か月を含む3か月の減収(前年度比5%以上が見込まれるという条件で使えます。(詳細は取扱金融機関や経営相談窓口にご相談ください)

 「厳しい要件にするとな企業に支援が届かなくなる」ため、柔軟な対応としたとのことで、この点は評価できます。

 

◆制度の詳細については、こちらをご確認くださいhttps://www.pref.kanagawa.jp/docs/m6c/cnt/f5782/corona.html
 

 また、中小企業にしわよせがいかないように積極的な支援を県に求めたところ、

「生産の遅延で取引を解消しない」

「事業活動を維持し、再開する場合にできる限り従来の取引環境を維持する」

よう要請をするなど県としても取り組んでいることを確認させていただきました。

 

地域を支えるのは中小企業。

この局面を乗り越えられるよう、必要な支援が行き渡るように力を尽くしてまいります。

 

なお、神奈川県では「一人ひとりに合わせた新型コロナ対策をLINEでサポートする」公式アカウントを開設しています。

ぜひご活用ください。

 

◆友だち追加はこちらから

 

まっとうな政治を鶴見から。ためや義隆

 

◆委員会の録画映像はこちらからご覧いただけます。  https://kanagawa-pref.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=1761