小肌! | 新座にある寿司屋、新座 玉寿司若女将のブログ

新座にある寿司屋、新座 玉寿司若女将のブログ

東京・清瀬市と埼玉・新座市の間にある創業45年の玉寿司のブログです!
日々の築地から仕入れる新鮮なネタや、季節の逸品料理、そして、店主と私が選ぶこだわりの地酒を紹介していきます。


テーマ:
こんにちは!





昨日は野球の日!
最近、結果が出せてない長男に大将が「お前はいつまでゴロばっかのゴローなんだ!」と叱咤すると逃げ口実で「オレは守備が好きなんだ」と言い出し、バカにしていると有言実行!


バッチリ結果をだす6歳!
ショートゴロをシッカリ掴み、ファーストまでノーバン!
アウトをとる6歳!



なかなか良かった長男でした◎



野球で身体を動かしているせいか、昨日は学校でプールもして来てたせいもあるのか、学校で給食を食べて、帰って来て目玉焼きとハムとチーズののったトーストを食べて野球へ。帰宅後は大盛りのカレーを食べ•••「ママ!足りない!」と言い出し😰




これ以上はちょっと食べ過ぎだ!と「今日はたくさん食べてるから、もうやめといて。デブになっちゃうよ」と言うと涙目で「おれ•••腹が減ってこのままじゃ寝れないよ•••」と言われましたが二階へ。
散々「ママは鬼だ。オレは朝まで寝れないよ」とブツブツ言われましたが、布団に転がったら5秒で寝ていました😒





最近、食いだした長男!
食費を圧迫しだすのも時間の問題か!!!!とビクビクしております😰




さて、本日も大将は築地へ!
今日は、うに、白身に真鯛、穴子に、こはだ、海老にいか、つぶ貝、赤貝、あおやぎ、あじは引き続き島根のどんちっちあじ などを買ってきております。



今日は

{DA83E50B-6730-4EA7-93E6-4DC4EE71D53A}


こはだ
江戸前



シンコ(全長5cm程度まで)→コハダ(7~10cm程度)→ナカズミ(13cm程度)→コノシロ(15cm程度から)



この成魚のコノシロは煮ても焼いても食えないと言われただけあって、様々なエピソードがある魚です。


江戸時代の武家社会では、「この城を焼く」に通じることや、切腹の際に出されるため、「腹切魚」と呼ばれて敬遠された時代もあったそうです。

そして江戸時代、幕府によりコノシロは禁止されていたが、寿司にすると美味しい為小肌と名前を変えて、江戸の人々が食べていたそうです。


にぎりになっている方が身近な小肌。

お寿司になる前の姿はコチラ!!!

{EE8F260F-2C01-4D19-BD6A-14F81E637D69}

小肌は酢と塩の絶妙なバランスというとても難しい職人技によって旨味が引き出されます。
季節やこはだの大きさ脂の乗り方によって塩の加減を変えたり、酢に漬ける時間を変えたり•••と、そんな繊細な職人技を味わえるのが小肌の魅力です。



シャリとの相性もたまらない、小肌。

是非是非お召し上がりくださいませ。






本日もみなさまのご来店を心よりお待ちしております!



★お食い初めのご案内★


お食い初め、お宮参りのお食事や初節句など各種お祝いのお席をお探しのお客様は是非一度お問い合わせください

新座、清瀬、東久留米、所沢、東所沢、志木、東村山、西東京市などお近くにお住まいのお客様は是非、下見にいらっしゃってください


お食い初め 七五三 |新座にある寿司屋、新座 玉寿司若女将のブログ

★仕出しのご案内★
御祝いやお祝い返し、お花見に行楽、会議にご法要などにピッタリの仕出し

新座 玉寿司の仕出し弁当♫ |新座にある寿司屋、新座 玉寿司若女将のブログ










新座•玉寿司若女将さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス