違和感 | うつろう日々

うつろう日々

うつろう自然の中に身を任せて。そんな生活に憧れてます。


テーマ:




あれから1カ月


7月6日の豪雨で凄まじい被害を被った地域の復旧がまだまだ進んでません 。





被災した地域には知人もいます。

大変な思いをされてます。


暑さとの闘いは半端ないようです。


そんななか、ボランティアで片付けを手伝っていらっしゃる方々には本当に頭が下がります。

酷暑の中危険も顧みず、他人のために一生懸命復旧に努めていらっしゃる姿を見ると、本当にこの人たちは人として素晴らしいと思います。




一日も早く元の生活を送られる状況になってもらいたいです。





実は以前から気になっていたことがあります。




一つはこのボランティアについてです。



今回は特に「ボランティアが不足してますので、ボランティアに来てください」というアナウンスを何度も耳にしました。




ボランティアって募集するものなのですか?

炎天下、熱中症の危険と隣り合わせになりながら必死で作業をしてくれる方々は高貴にさえ感じます。


そういう善意は募集されるものなのかな?という疑問を前々から持っていました。



不足してるのなら、お金を払って集めればいいのじゃないのか。


一つの大学に無償で土地を与えて96億もの補助金を渡したり、迎撃確率が分からないイージスアショア一基に2000億以上(配備するのに1300億、ミサイル一発が30億)も使ったりするのなら、こういうボランティア募集の費用にしてもらいたい。




また、避難所の整備を進めて欲しい。

イタリアの避難所では冷暖房やベッド完備されてるそうです。また足りない場合はすぐに近隣のホテルを政府が借り上げるそうです。

イタリアより自然災害の多い日本なのに、相変わらず避難所は体育館。


体育館もいいところがあるそうですよ(笑)

偉い方が視察に訪れた際、被災者にステージ前に移動してもらって記者たちがステージの上から撮影して、やってる感を出し易くできる、という話を今回聞きました。まあ今回もそんな映像を見ましたが。

悲しくなりますね。誰のための視察なんだって。


ちょっと話がずれました。




2020年に開かれる東京オリンピックでもボランティアを募集してます。しかも大学にオリンピック期間は休みにするように要請まで出して。

おかしいでしょ。学生の本分は勉強です。研究です。オリンピックのボランティアはとても有意義なことだと思いますが、学校の日程を変更してまでというのは、ちょっと変でしょう?


しかも、無償で通訳もやらせるとか。通訳を生業としてる人たちと、どう整合性を取るのですかね。本職の人たちもボランティア?

バカな!




めちゃ違和感を感じます。



高い給料を貰ってる国会議員さんやオリンピック委員会の方々、またはその取り巻き。そういう人たちの給料を少し減らせば、被災地域の支援活動やオリンピックでの外国人の案内する人たちの手当を出せるのではないですかね。







二つ目は、人と国との関係です。


最近問題視されている国会議員の「生産性」という差別発言を擁護する人がいます。問題視する発言じゃないと言う人まで。


「基本的人権」て分かってるんですかね。


人間、誰もが平等で自由です。「人権」は人として誰もが持っている権利で、保障されてます。

そしてその人権を守る義務が国にはある。

これが「権利と義務」の関係ですよね。

それを「人権」を主張するなら「義務」を果たせ、なんて自分の無知を曝け出す発言をする国会議員。

市井の人ならまだいいとして、権力を持ってる人たちがこんなことを言われては困ります。考え方はいろいろで、済まされる問題ではないですね。


外国のメディアで、日本では民主主義が定着しないとか差別はなくならないと言われてるのが分かります


「価値観が違う」なんて時代錯誤も甚だしい!

こんな言葉を言える人は隠居した方がいい。





人が集まり集団ができて、その集団が集まって国を創り出す。人がいるから国ができる。

これって小学生か中学生の時に習いましたよね。


ところがそう考えられない人がいる。


国が第一で、国があるから国民は生かされる。

この考え方は全体主義につながり、その先にはファシズムがある。これって歴史が証明してますね。これも中学で習ったと思うのですが。

実際に「学校で習うことなんか大人になって役に立たない」なんてことを言う議員さんや芸能人も多いですが。この人たちは役に立つまで勉強をしなかったんでしょう。




なんか書いてるうちに、人をdisる文章になってしまいました。意図したことではありません。





最後に、今日8月6日は広島に原爆が投下された日です。9日には長崎にも投下され、甚大な被害に見舞われました。


唯一の被爆国日本が、国連の「核兵器禁止条約」になぜ参加しないのですかね。

日本国憲法はGHQの押し付けだから変えようと言いながら日米安保条約や日米地位協定には反対できないことと、根っこは同じなんだろうな。

憲法改正は実は戦争できる国にしたいだけなのかもしれない。



今の日本、違和感だらけです。




魚は頭から腐ると言いますが、

そういう例があちこちから聞こえてきます。










 

 

たまゆらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス