つのきり | tamatsukuri-01のブログ

tamatsukuri-01のブログ

玉造の散髪屋B.B.SPACE01ゼロワンのブログ

奈良に行ってきました





角きりスタッフで行ったのか??
くらい 法被似合ってて

笑われてしまいました



目的は
見学ですよ 笑








秋を迎えた鹿のオスは 発情期。
気性が荒くなるのです

ここ奈良の鹿は
神様のお遣いであり 
国の天然記念物となっています

その大切な鹿が
角により 町民を傷つけたり 
お互いに突き合って
怪我をしないように


角きりは

江戸初期 当時の鹿の管理者であった興福寺が
奈良奉行の要請を受けて
始めたと伝えられています。



昔は
町のあちこちで行われ
店先や屋根の上から
町民は見物をしていたようですが
昭和4年より現在の角きり場が 設けられ 
現在では 
こ10月の三連休に一般公開されています。



三頭のオス鹿を 角きり場に追い込みます

捕獲具の十字や縄を使い 
角に縄をかけます



逃げるしかない鹿

追うしかない勢子
〔せことは野生動物を追い込みする人〕


鹿を傷つけないように 慎重に行います



烏帽子をかぶったお兄さん出てきて〜

ここまで きたら しかたない…

ぎーこぎーこと 立派な 角は
切られてしまいます



可愛く カットしときました 


実はこの角
無理に切らなくても

春になると ポロリと取れちゃうそうなんです。

無理やり 切られてしまうのは
ちょっと  自然に反してる感じがしたり…

鹿にとっても ムラムラと燃える闘志を
挫かれるような 気分になるんじゃないかな

と 思ってみたりも しちゃいます

でも 安全第一
しか たない


来年の初夏は
 可愛い バンビが 
たくさん見れるとよいですね






そういえば 今いる 奈良の鹿って
どこから来たか ご存知ですか?


さかのぼれば

茨城県の鹿島神宮なんですね。


アントラーとは
〜鹿のつの枝〜


関西人では ありますが
鹿島アントラーズが近く感じるサッカー

そんな気分に なるのです。







ずっと鹿を大切に
そして地球も大切に
🌏🦌大阪・玉造の散髪屋ゼロワンの嫁🦌🌏