お告げの夢か?⁈

テーマ:
何だか不思議な夢を見た!


彼と喧嘩して、パソコンを車に置いて来てしまう。

後日、利用した覚えのないクレジットカードの明細が2通届き驚く。

しかし、1通は私のでもう1通は、会社の先輩の分なのだ。

私は土地を買った利用。
35万円、

先輩のはヴィトンの利用、7万円。


その明細を見て彼とさらに喧嘩になる。


それから私は、慶応大学とその隣にある神社に行く。

そこの神社は今までも行ったことがある。

変わった神様が祀られているのだが、思い出せない。


神社では猫を可愛がっていて沢山猫がいる。

ちょうどお参りしている時に猫のおしっこの匂いが漂ってくる。

ん!クサイ!


そこで毎日お参りに来ているおばあちゃんがいる。

そのおばあちゃんは以前も会ったことがあり、私のことを覚えているか私が話しかける。


それから健康ランドに行き、同級生に会う。

その同級生が私と先輩のカードを使ってしまったことがわかる。

私はその同級生の奥さんとまた同じ神社にお参りに行く。


そこで美しい写真を撮ったり、変わったお参りの仕方を教えてもらう。

しゃもじみたいなものを叩く、ユニークなお参りなのだ。


それから、別の神様にお参りをする。

そこに、猫と亀がいる。

お賽銭をあげる時、小銭を出そうとさはたら神様のお守りが出て来て慌てて戻す。


それから同級生の奥さんとお参りに来ていた女子ふたりの写真を撮ってあげる。
女子ふたりのうちの一人が豊満な胸なのだ。


私も一緒に写真を撮ってもらう。


そこで、目が覚めた。

夢占いを調べたら、
亀の夢にリクガメ(陸亀)が出てきたなら金銭面の豊かさを現します。
金銭面おいて豊かになっていきますが、大きな亀が夢に出てくればくるほど、豊かさが比例していきます。
あなたにとって大きな富が手に入ることを、亀の夢は教えてくれているのかもしれません。

夢占いで神社の夢は、
宗教心、良心の表れを意味しますが、

誰かの助けが必要なほど大きな不安、
危機感を抱いていることを
暗示していることもあります。

神社の夢は、参拝や祈祷をする夢は、
救いを求めるあなたの気持ちと、

他人の幸福のために何かをしたいという
良心の両方を表します。

夢の中での僧侶、神官との会話は、
現実での貴重な助言になるでしょう。

夢占いで、神社やお寺は信仰心、
あるいは霊的な守護、
また強運をあらわしています。

生活状態の変化などを
警告していることもあります。

また、よい意味で
運命的な導きを暗示します。

稲荷の祠や神社の鳥居は、
自分とその土地との結びつきを
あらわしていることがあります。

神社に詣でる夢は、開運。
引き立てを受けることを意味します。

芸能、技芸の方面で実力が付き栄誉を得る。
または、現状を好転させるにはどうしたらよいか
方法を模索している状態。

神社で出会うものは、神社に入り、夢占いでは、
そこで誰に(何に)出会うかで意味が異なります。

神社で神と出会うのは神の大きな導きがあり、
神社で祖先に出会う夢も同じ意味があります。

神社で動物と出会うのは
援助者の出現や停滞していたものが
流れ始め道が開ける。開運の吉夢となります。

神社で何かを授かると願い事が叶う。
障害が去る。

但し、授かったものを失くしたら
逆の意味になります。

神社でお供え物をするのは願望の成就。
神社の中の特定の場所も意味を持ちます。

鳥居は聖域の入口の象徴。
鳥居の内部が叡智を秘めた場所になります。

手水場を見るのは
あなたの言行に改めるべき部分がある。

手を洗ったり口をすすぐならそれらは
祓われることになります。

境内のご神木は、
あなたの運命や人生などの全体像であり、
夢占いでは、ご神木の状態で吉凶判断します。

瑞垣は聖域の中でもさらに神聖な場所の象徴です。
招かれない限りその内側に立ち入ることはできないです。

瑞垣の中に入る夢は、
非常に高い意識レベルに到達することを暗示します。

拝殿は魂そのものに触れ合う場所。
あなたの祈りや願いがそこで描かれる。

宝蔵はあなたの中に秘められている宝や叡智の象徴で、
宝蔵が開くのはその宝が手に入ること。

奥の院は魂の本質の象徴。
奥の院に入ることは通常あり得ない。

ここに入る夢は、
入る人物が特殊な意識の状態や状況にいることを表す。

神事にかかわるものが強調される夢では、
影向石、ご神体の石など神聖な石の周囲で出会う人物は、
神霊の化身と考えられる。

あるいはそのメッセージを担った人物です。
神境はあなたの心の全体像の象徴。
夢占いでは魂のシンボル。


だそう。

photo:01




photo:02