3月7日にうお座で新月です。

 

新月の前日(6日)に天王星が牡牛座に

正式に入宮します。

昨年一度牡牛座に入り

様子を見た天王星は

ゆっくりと逆行し

再び牡牛座に入ったのが昨日。

ここからは牡羊座に戻ることはないので

正式な入宮となります。

そして本格的な牡牛座=価値観、価値

の変革が始まります。

それに合わせたかのように

始まりのエネルギーである新月。

 

太陽と月が重なるのは

またもやサイン(星座)のど真ん中。

突破の度数です。

サビアンシンボルは「ひらめきの流れ」。

直観の中に真実がある、

直観を信じることの重要性を示すような

メッセージです。

 

更に面白いのは

新月がほぼ海王星に重なった状態で起こることです。

海王星はうお座の支配星。

うお座と似たエネルギーを持っています。

受け入れる愛です。

どんなに混沌としていても

それを丸ごと受け入れる、

ジャッジしないというエネルギーです。

 

天王星による変革は

かなり荒っぽいというか

バッサリいく感じです。

そんな中で

何を頼りにすればよいのか?

基準が消えて

見本が無くなり

混沌とした中で

信じられるものは「直観」なんです。

だって私たちは知っているから。

「ひらめき」にこそ

これからの行く先が示されているのでしょう。

 

土星ー太陽・月・海王星ー火星が

小さな三角形を作っているのも意味深いです。

土と水で創造していく小さいけど

とてもパワフルなエネルギー。

一度ぐちゃぐちゃにして固める、

乾いたところに潤いを与えて充実させる、

という創造の仕方です。

社会が大きく変わる中で

五感を使って感情を大切にしながら

足場をしっかりと固めていくのですが

その中心に

「ひらめき」と「夢」を置くことが大切です。

 

現実に呑み込まれない。

自分の中の声を一番大切にしてください。

image

天王星牡牛座入りの直前に水星が逆行を開始します。

その記事はこちらをご覧ください。

水星逆行~天王星牡牛座入りを前に