イザナギノ命は妻イザナミノ命が亡くなったことを受けとめられない、それは諦めることが出来なかったと言う事なのです。
イザナミノ命を追って黄泉国、またの名は夜見之国へと死者の世界に降りて行きました。
イザナミノ命は死の世界である夜見之国で、死を受けとめて暮らしていました。
そこに主人であるイザナギノ命が迎えに来てくれたのです、とても喜びました。イザナミノ命はこの夜見之国の神々に相談して、帰ってよいかどうかを伺ってきますが、その間は私の姿をご覧にならないで下さいとお願いします。
見ないと約束しましたのに、イザナギノ命は約束を破りました。
姿形が変わり果てたイザナミノ命が怖くて逃げ出してしまうのです。
逃げ出す主人イザナギノ命を見て、「ゆるさない」と追いかけて行きます。
死者の国とこの世との境にある、黄泉比良坂まで追いかけます。イザナギノ命が大きな岩で死者の国を塞いでしまいます。
イザナミノ命はひどい事をなさいますならば、「あなたの国の人を一日に千人殺しましょう」と言います。
これに対してイザナギノ命は「私は一日に千五百人産みましょう」と答えます。
イザナミノ命の「一日千人」と区切ったことは、母なるイザナミノ命の許す心の現れなのです。イザナギノ命の一日に千五百人産みましょうへと続きます。
五百人毎日増えるのです、これは「成長と発展」「拡大と繁栄」を意味します。許す心で人類の成長、発展、繁栄を成し遂げさせたのです。
イザナギノ命の行動は、諦める事の大切さ、約束事を守ることの大切さ、を教えてくれています。