東隆宮 黄金にきらめく門がお出迎え! 美味しいマグロの刺身を求めて!屏東県東港鎮その2 | たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

旅は人生の縮図。限られた日程の中で喜怒哀楽を味わいまた、日常へ戻ってゆく…。
終えたときの感慨に浸れる時間が好きでまた出かけたくなるんです。
人生を終えるときもそうありたいと、思いつくままに書き綴りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。


テーマ:

高雄客運のバスを降りたら、地図を頼りに運河らしき川沿いに光復路を港方面へ歩きます。

 

 

 

 

途中小さな食堂を見つけて立ち寄りたくなったのですが、この後に美味しいお刺身が待っているからわき目も振らず先へ。まもなして、太陽の光を受けて神々しく輝く黄金の門が見えてきたら、そこが目指す「東隆宮」です。地元では王翁廟とも呼ばれているそうです。

 

周辺の人々の熱い信仰を集める東隆宮を有名にしているのが、三年に一度開催される伝統行事「迎王平安祭(迎王平安祭典)」

 

 

 

王船と呼ばれる神様を迎える船で巡行した後、最後は浜辺で火を放って、神様を見送るという行事で、地元の人々はもちろん、台湾各地や日本からもその模様を見学に訪れるというもの。

 

 

海の神様らしく、マストのようなモニュメントも

 

 

平日の昼下がりとあってか、参拝される方も少なめな印象。信仰の場所なので、控えめに見学・お参りをすませました。

 

次は港へ向かいます。

 

 

台湾旅行 ブログランキング】 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


 ↑参加しています。

ポチッと押していただければ
ランキングが確認できます。

 

たまねこブログの別館!

台湾の他に、タイや日本の旅を書いてます!

たまねこトラベル

 

 

【旅のメモ】

東隆宮

住所:屏東縣東港鎮東隆街21-1

屏東客運東港バスターミナルから徒歩7-8分ほど

 

たまねこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス