山形市は台湾のホストタウン!映画おもひでぽろぽろの世界を現在に…週末の現実逃避の旅 | たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

旅は人生の縮図。限られた日程の中で喜怒哀楽を味わいまた、日常へ戻ってゆく…。
終えたときの感慨に浸れる時間が好きでまた出かけたくなるんです。
人生を終えるときもそうありたいと、思いつくままに書き綴りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。


テーマ:

たまねこツイッターをフォローいただいている方にはネタバレしていますが、週末は山形にいました。ちょっと悩んでいることがあって…また、別案件がダメになったので、急遽手配のぶっつけ本番の旅。

 

スタートはバスタ新宿。ちょうど週末は神宮球場と秩父宮ラグビー場で乃木坂46のバースデーライブ、他にもアイドルのライブがあったようで、ライブTシャツや推しタオル、でっかい缶バッチをつけた若いファンの熱気ムンムンな雰囲気。こんなところへ飛び込んだおじさん猫たまねこはタジタジ×100…山形行きの夜行バス、ドリームさくらんぼ1号の自席シートに座ってやっとホッとしました。


 

その昔、上野から奥羽本線で山形県内を縦断する夜行列車があったんだよな…と思ったら、映画おもひでぽろぽろ…がふと思い浮かびました。主人公とたまねこ、男女の違いあれど、シチュエーション似てるかもね…

 

早朝の山形駅に到着後、普通電車に乗り換えて、かみのやま温泉駅へ。朝から入浴できる公衆浴場でひと風呂。地元の人達に、おはようございます!と声をかけて中へ。お国言葉が混じり、ちょこっと分からないところもあったけど、湯船に浸かって話を聞いていると、東京の時間軸とはテンポが違うなぁ〜と思いました。


 

この後、廃線になってしまった、山形交通高畠線の線路跡を、旧駅舎が保存されている場所まで…片道1時間かけて歩いて…普段ならレンタサイクルぐらい借りそうなもんなんですが…ここに踏切、ここに駅舎とホーム、カーブで減速とブレーキ音…と一度も見たことない往時の走行シーンを想像していました。



 

お昼は山形市内で冷しラーメン


午後は村山市へ移動し、山形出身の朝倉さやさんのチャリティーライブを見学。終演後、アルバムを買わせてもらい、ジャケットにサインをしてもらいました。ライブでも聴いた「塩パンの部屋」が今の自分のココロに沁みました…是非お聴き下さいね。


 

さて、台湾ブログなんで、山形の旅の話で終わりませんよ!山形市役所前で見つけました↓


 

2020年東京オリンピック・パラリンピックで、山形市は台湾、タイ王国、サモアのホストタウンなんです。オリンピック・パラリンピックをきっかけに、相互の交流を深めてくことができれば…という取り組み。山形と台湾を結ぶ直行便が運航されるのも、その一環なんですね。うまくまとめたでしょう?


 

台湾旅行 ブログランキング】 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


 ↑参加しています。

ポチッと押していただければ
ランキングが確認できます。


たまねこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス