台湾観光月刊1月号 台湾観光協会さん一押し!客家文化に触れる台三線ロマンチック街道大特集 | たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

旅は人生の縮図。限られた日程の中で喜怒哀楽を味わいまた、日常へ戻ってゆく…。
終えたときの感慨に浸れる時間が好きでまた出かけたくなるんです。
人生を終えるときもそうありたいと、思いつくままに書き綴りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。


テーマ:

私は新年4日から仕事始めだったのですが、いつも利用している電車が混んでなくて意外だなぁ~と思いながら出勤しました。今年の年末年始の航空便の混雑には、1月3日と1月8日と2つのピークがあるそうです。自分の職場では感じられないのですが、休みの分散化が進んでいるんでしょうかね。皆さんのお勤め先ではいかがでしょう?

 

そして、驚いたのは緊急地震速報。社内で個人のスマートフォンが一斉に鳴ってビックリしました!暫く気が気でない状態になりましたが、いつか起こるかもしれない事態に備える心積もりができたと思います。

 

 

{26B75F3B-2F5A-46F4-B379-16B1F33A3C2E}

 

 

 

 

さて、今日ご紹介するのは「月刊台湾観光」新春1月号。特集は「台三線ロマンチック街道」最近、台湾観光協会さんが色々なメディア等で紹介されている一押し観光ルートです。桃園から新竹、苗栗、台中へ到る街道沿いには、客家の人々が暮らす地区が多く、独特な文化を体験することができます。

 

この号では、その中でも、苗栗県の「南庄・銅羅・三義」にクローズアップ。台北から日帰りすることも可能ですが、是非一泊してみたいところ。美味しい料理に舌鼓を打ったり、擂茶(れいちゃ)でホッと一息、今の季節なら一昨日お話した「いちご狩り」を楽しむのもいいですね。昨年末このブログでご紹介した台湾の“かんさい”新竹県関西鎮や春に油桐花が咲く苗栗県内の台鉄沿線、泰安温泉などが思い浮かびます。皆さんはいかがですか?

 

また、他に今年2018年台湾ランタンフェスティバルが開催される「嘉義県」や台北の「東門市場」、お茶の産地「南投県鹿谷・竹山」など盛りだくさんの内容です。

 

台湾観光協会さんの事務所や台北駅構内の観光案内所などで冊子は配布されています。またデジタルブックや台湾観光協会さんのブログでも内容は確認できますので、是非ご覧くださいね。

 

こんなことを書いてきたら、また行きたくなってきています。今年の日程も決めてかないとな…明日から三連休の方も多いでしょうか?正月休み疲れをリセットして、週明けから本格的にはじまる2018年に備えていきたいですね。よい週末をお過ごしさいね!

 

 

台湾旅行 ブログランキング】 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


 ↑参加しています。

ポチッと押していただければ
ランキングが確認できます。


毎日UPしているのに苦戦…

よろしければクリックお願いします!

たまねこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス