たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

旅は人生の縮図。限られた日程の中で喜怒哀楽を味わいまた、日常へ戻ってゆく…。
終えたときの感慨に浸れる時間が好きでまた出かけたくなるんです。
人生を終えるときもそうありたいと、思いつくままに書き綴りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。


テーマ:

少々風は強かったですが、秋晴れの東京。午前中からお昼にかけてイベント見学をした後、JR中央線に乗車、西荻窪駅に降り立ちました。改札口を抜けると賑やかな商業施設があり、大勢の人々が行き交っています。駅を出て北側に伸びる道を歩くと、行列ができているお店坂本屋さんに出会う。昼ご飯食べて来んかったらな…って後悔。うしろ髪ひかれる思いで、路地へまわり左して入りました。この辺りも「美味しい」お店が多いらしく、ランチタイムを楽しむ人々が大勢だな。と横目に街歩きを楽しみながら、やって来たのが「旅の本屋のまど」さん。

 

店内は、いつもと違って…こちらも大勢のお客様。入口付近には、台湾本がたくさん並んでいます。その中の1冊『「環島」ぐるっと台湾一周の旅』(東洋経済新報社)の発売を記念して、著者の一青妙さんをお招きしてトークイベントが、11月30日にのまどさんで開催されるそうです。ご興味のある方は、是非どうぞ。

 

 

{B941BD6D-C570-4799-8C2A-64A419373662}

 

 

さて、私が購入したのは「雑誌ソトコト12月号」特集は、台湾のまちづくり。近所の本屋さんで見かけなかったので良かったです。早速帰りの電車内でページをめくりました。最初にエバー航空さんの広告が目に入り、見開きのトップへ。こんな場所が台中にあったのか…と思いながら、引き込まれてゆきます。建物をスクラップアンドビルドすることはある意味簡単なのかもしれませんが、手入れをして今の暮らしにあった、使い勝手の良さを加えて再生させる…ことによって、街の歴史は断絶せずに受け継がれてゆくように思っています。今の台湾各地で、感性豊かな若い人々によってリノベーションされているですね。

 

台北の大稲埕や台南の神農街、林百貨…とお馴染みのスポットだけでなく、これから日本の雑誌でも取り上げられる機会が増えるんだろうな、と思っている雲林県の斗六雲中街生活聚落や屏東の青島街…と旅した場所が。そして、あれっ?ここは…台南のゲストハウスはむ家さんの近所じゃないかな…住所を見ると、中西区忠義路二段158巷…あーっ、夏に出会ったあの建物か…という発見があったり、楽しんでいます。この場所の件はここまで。詳しくは、是非あなたもページめくって見てくださいね。旅の本屋のまどさんでは、最新号はじめ雑誌ソトコトのバックナンバーを販売されてます。

 

 

{EDD98ED9-8506-4FA8-BC04-574C20DCE1C3}

 

 

 

 

投稿したツイートにお店の方から返信をいただきました。そう、いつかそうしたいんです…いつかは…とあれこれトライアルはしてるんですが。でも、諸々不利な面もあり、へっぽこブロガーではあかんなぁ…って凹んでます。

 

 

{2B2DF0FA-7155-4B62-BDA5-0C3A780CCA88}

 

 

寒暖の差が大きいので、体調崩されてる方が多いかもしれませんね…週末ゆっくりお過ごし下さいね。

 

 


 ↑参加しています。
ポチッと押していただければ
ランキングが確認できます。

毎日UPしているのに苦戦…

よろしければクリックお願いします!

 

 

【旅のメモ】

旅の本屋のまど

住所:東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F

電話番号:03-5310-2627

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たまねこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。