たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

旅は人生の縮図。限られた日程の中で喜怒哀楽を味わいまた、日常へ戻ってゆく…。
終えたときの感慨に浸れる時間が好きでまた出かけたくなるんです。
人生を終えるときもそうありたいと、思いつくままに書き綴りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。


テーマ:

日が落ちてから、体感温度でグッと冷えてきた嘉義市内。「映画KANO」Tシャツ姿で宿を出てきたことをちょっと後悔するも後の祭り。なら、ご飯を食べて体温上げていこうか~ってことで、やってきたのは「東門火鶏肉飯」

 

嘉義の台所・東門市場の近くにあるお店です。入口付近に厨房があって、奥にテーブル席があります。外帯(持ち帰り)内帯(店内で食事)両方対応するのには、この間取りがいいんですね。

ちょうど夕食時。ヘルメットを持った仕事帰りの若い方から、おじさん・おばさん等大勢のお客様で店内賑わっています。私は前回来たときから気に入っている「特等席」厨房そばのカウンター席を選びました。
 

常連さんの横に座らせてもらい、店のおじさんに鶏肉飯と味噌湯をチェックした伝票を渡した後、指差しで一品追加。しばらくしてやってきたのが↓

 

{6B5C4030-AA16-47BA-AD80-D27D5F6CBADD}


腹ペコなのでさっそくいただきます!

炊きたて熱々のご飯だったので、ふーふーっと冷まし、はふはふっと茹でた鶏肉共に口の中へ。やっぱり嘉義にきたらこの味だなぁ~と思いながら、追加した目玉焼きをオン。箸で4つに切って、とろっと出てきた黄身とあわせて、もうひと口。

 
{03EAD3B5-7A96-4F2C-B9A3-08F6DD41DE3E}
 
この組み合わせ最高ですよね!
 
{F304B22E-FDBF-42FA-BC5A-ECB1C684D81F}

合間に味噌湯をずるずるっとレンゲをつかってすすります。ちょっと薄めでちょっと甘いこの味が好きなんだなふぁ。
 
{6AD0B585-525E-4AA7-B1A3-79EF10FA1417}

軒数2桁越えした嘉義の鶏肉飯食べ歩き。まだまだ未踏の地多し。新たな出会いを求めて旅立ちます!

 

 

 


 ↑参加しています。
ポチッと押していただければ
ランキングが確認できます。

毎日UPしているのに苦戦…

よろしければクリックお願いします!

 

【旅のメモ】

東門火鶏肉飯
住所:嘉義市光彩街198號
電話番号:05-228-2678
営業時間 10:30-20:00

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たまねこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。