たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

旅は人生の縮図。限られた日程の中で喜怒哀楽を味わいまた、日常へ戻ってゆく…。
終えたときの感慨に浸れる時間が好きでまた出かけたくなるんです。
人生を終えるときもそうありたいと、思いつくままに書き綴りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。

NEW !
テーマ:

吉安郷慶修院を後に、台鐵吉安駅まで歩きます。地図を片手に、通りの名前を確認しながらおよそ30分ほどで到着。途中、吉安郷の田園地帯から見える山並みと空がとても印象的で、何度か立ち止まって撮影しました。

 

もう少し時間があれば…と思ったのは、花蓮県吉安郷阿美族文物館という施設に出会った時。後ろ髪をひかれる思い…このブログをいつもご覧いただいている方は、もうお気づきだと思います…いつかここへ戻ってくると。これまでの私なら…


さて、台鐵吉安駅は、最近(恐らく電化に合わせて)改築されたみたいで、待合室がある真新しい駅舎。窓口で「吉安駅→鳳林駅」と見せると、直ぐに発券してくださいました。次に出発する普悠瑪號は、超人気列車なので満席かな?と思ったのですが、花蓮で下車されるお客様が多いのかと。




やがて、改札が始まりホームへ。吹き抜ける心地よい風で涼をとっていると、列車が入線して来ました。



日よけを降ろされていたので、窓の外の様子はあまり分からなかりませんでした。途中台北方面へ向かう自強号と行き違いの為に運転停車がありましたが、定刻どおりに鳳林駅に到着。この区間の所要時間約25分。


 

こちらの駅舎も建て替えられたのか、意外に大きな駅でした。




ここから街歩きをはじめます。


のどかな吉安郷の風景



台湾旅行 ブログランキング】 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


 ↑参加しています。

ポチッと押していただければ
ランキングが確認できます。


テーマ:

久しぶりに台北のグルメスポット寧夏夜市にやって来ました。今日は晩ご飯を既に食べてきたので、デザートメイン。暑かったので、冷たいモノがいいなぁ~豆花もいいけどカキ氷を。途中で冰讃を思い出したのですが、日曜日だから売り切れの予感がして、古早味豆花へ足を向けます。


前回豆花食べた後に、人気ドラマ「孤独のグルメ」で台湾がロケ地になったんですよね。って思ったら、入口のところに、そのときの画像が貼ってありました。(撮り損ねてしまいましたが、行かれた方はご存知ですよね。。。)

今日のお目当ては、店頭で見た「マンゴーカキ氷」今シーズン初だから気合が入ります!並んでおられる方が結構多くて、少し待ってオーダー。例によって指差しで。どうにかオーダーが出来たら、奥のテーブル席を確保。やがて目の前に姿を表したのが↓


丼に盛られた黒糖氷の上に、たっぷりマンゴー。豆花?とおもってみたのは、プルプルの牛乳プリンらしい。周りの方々の視線がこちらに注がれているのを感じます。(それ一人で食べるの?)モチのロン(勿論)です。スイーツおじさんは、常に別ばらがスタンバイしてますから。。。(何を言っているのか、自分でもよくわからないのですが、このときは、それほど気分が高揚していたということで。)




まずは牛乳プリンで舌をならして、口の中で溶けてしまいそうなトロトロのマンゴーを頬張ります。これぞ!っていう感覚が頭を覆い、ゾクゾクします。黒糖氷との相性もいいですね。途中、しばらく感じたことがない「頭がキーン!」きたのも、カキ氷シーズン到来を告げる号砲だなぁ~と井頭五郎的なコメントが頭に浮かび、ひとりニヤリっとするたまねこでした。



台湾旅行 ブログランキング】 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


 ↑参加しています。

ポチッと押していただければ
ランキングが確認できます。



【旅のメモ】
古早味豆花
住所:台北市大同區民生西路210號
電話番号:02-2558-1800


テーマ:

前回からの続き

チェックアウトの際にタクシーを呼んでもらい、ホテル出発しました。運転手さんに行き先を書いたメモを見せると、「大丈夫、まかせとけ!」って感じのリアクションが帰ってきました。

幹線道路をしばらく走って右折。両サイドに田んぼが広がる道を走ると、程なくして停車。「ここでいいんだよな?」ってアイコンタクトを送ってくれたので、窓の外を見て、うなづきました。(タクシー代:245台湾ドル)



ここは花蓮県吉安郷。日本統治時代に徳島県吉野川流域から移住された方が多く、当時は吉野村と称されたそうです。慶修院はそんな人々の心の拠り所として、真言宗高野派の吉野布教所として開設。現在では台湾宗教百景の選ばれ、多くの人々が訪れる観光スポットになっています。

 

ちょうど入口には「鯉のぼり」日本の端午の節句は終わったのに…と思ったですが、次の瞬間、あっ!端午節のことか!旧暦だと今年2018年は、6月18日。ちょうど今週末でしたね。お越し人々の殆んどが台湾の方のようで、この時点で日本人は私だけかなと思っています。



入口で入場料(50台湾ドル)を支払って中へ。右手に手洗い場や鐘楼が見え、右手が本堂です。また、小さな鯉のぼりがたくさん飾られていました。

奥のビジターセンターのような建物では、小判の形をした太陽餅(名称ではなく食べた印象が、あの台中銘菓に似ていたので…)を販売。1枚いただきました。

 

裏の壁には、吉安郷の歴史を紹介するコーナがあり、こちら一見の価値あり。お寺全体が街の風景に溶け込んだ「歴史博物館」のような印象を持ちました。

花蓮市内から少し離れますが、是非訪ねてみてください。私は帰り台鉄吉安駅まで歩いてみました。20-30分といった距離。他に台湾好行バスのバス停があるので。こちらも是非利用くださいね。


台湾旅行 ブログランキング】 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


 ↑参加しています。

ポチッと押していただければ
ランキングが確認できます。

 

【旅のメモ】

慶修院

住所:花蓮県吉安郷中興路345-1號

拝観時間 08:30-17:00 月曜定休

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。