玉名五行歌だより

玉名五行歌だより

熊本県玉名市の「玉名五行歌の会」活動状況を紹介します。

「五行歌」とは → http://5gyohka.com/  (五行歌の会本部HP)をご参照ください...

 

7/23(土)、第34回「玉名五行歌会」を終了いたしました。

 

結果は以下の通り。

 

 

作品一覧は以下の通り。

 

①  赤紙がきて   林 よし子(二席)

   駅に見送る母は

   “行くな、行くな”と

     私の軍服の袖をとり 

     引っぱる 引っ張る

 

②  夏の夜   前田 正治 

     闇をつんざく 雷鳴に 鳥肌を 擦る 

 

③  唐突のハクションに   岩井 武士 近くの幼児が飛び上がる ゴメンと恐縮を繕うが そっと顎を撫でてる 確信犯

 

④  株分けし  大野 和美(一席)

     百合の球根

   根を張りて

   咲き誇る

   太陽の色に

 

⑤  ワクチンを  市原 恵子 

     打っても打っても 

     変異しながら追って来る 

     日毎の感染状況に

     一喜一憂 

 

⑥ 草を刈る   中田 順子

  目前(めまえ)の地面で 

  セミが

  突然大泣き 

    双方でビックリ

 

⑦ 空き地に積んである   本多 澄子

  刈られた雑草の中に

  ヒルガオもあった

  でも、今朝はちゃんと

  生き生きと咲いている

 

⑧「今まで生きてありつるは    磯田 眞寿美

  この事に会わんがためなり」 

  と、聞いて乗り越えた 

  今、私は

  私の中の輝く私に会いたい

 

⑨ こめかみが キイイン  坂口幸輝(二席) 

  急いで食べた かき氷

 もぅ 子供みたいだぁ 

 腹かかえて 笑う君の

 優しい顔 それも好き

 

⑩ 夏の    荒木 雄久輝

    木陰道

  拭う

  ハンカチに

  蝉しぐれ

          以上