日曜日の教会学校・・・

雨雨の一日でしたが次々とお友だちとお家の方々が集まりました。

 

熊日新聞に連載されている「わたしを語る」の高谷和生さんのお話をききました。

64年前に玉名ルーテル幼稚園を卒園された髙谷さん。幼稚園・教会学校で藤田武春・

ミチ子牧師夫妻が種まきされた神さま(愛と信頼・感謝と希望)が後年の教師として

重症心身障がいの子どもたちと接する際に幼い時のお祈りしていたこと、聖劇をしたこと

幼稚園で過ごした時の記憶が鮮明によみがえってきたそうです。幼き時に出会った神さま

牧師先生ご夫妻が70歳の今も支えて下さっているのです。髙谷さんは現在「くまもと戦争遺跡・

文化遺産ネットワーク代表」として活動されています。また、平和の尊さを多くの人に

子どもたちに伝えておられます。

「いつもいっしょにいて下さっている神さま、これからみんなが大きくなっていく上で

神さまの豊かなお恵みがありますように・・・アーメン。」

 

 

 

分級は「アブラハムは~音符」のダンスをしました。

そしてシルエットクイズ・・・

 

 

今週も神さまが一人ひとりを愛し守っていて下さっていることを心にとめて

みんなが自分らしく心豊かに過ごせますように・・・

 

教会学校は毎週日曜日9時30分から10時30分まで日本福音ルーテル玉名教会の礼拝堂で

あっています。どなたでも参加できます!親子でぜひ!ご参加下さい。