2010年10月26日(火)

Scott Pilgrim Vs. The World:TheGame

テーマ:ゲーム
吉ダム10月20日からPS3、Xbox360で配信されている『Scott Pilgrim Vs. The World:The Game』が、楽しい。

基本のゲームシステムはいわゆる、昔あんなにいっぱい出てたのに最近ご無沙汰の
『熱血硬派くにおくん』、『ダブルドラゴン』、『ファイナルファイト』系。
このへんが好きな人は、かなりオススメです。
これらの系統の中でも、特にアップデートされた『ダウンタウン熱血物語』という感じです。
敵を倒すとピローンってお金が落ちたり、買い物もできるあの感じ。本を買ってパワーアップとかもろ。

日本産のアニメや漫画、ファミコン、メガドライブあたりの、オマージュ捧げまくりです。
キャラクターセレクト画面から、そこはかとなく夢工場ドキドキパニック(スーパーマリオUSA)。
マップ移動画面は、スーパーマリオ3。他にもマザー、ゴールデンアックス、フォゴットンワールド。
まあ挙げていったらキリがないんですが。俺が好きだったゲームのネタだらけやんけ!
4人同時プレイができるんだけど、残念ながらオンラインCo-opモードができない。おっ惜しい!

アートワークはPAUL ROBERTSONというオーストラリアの超絶ドット絵師が手がけているそうですが
そんな人がいることを初めて知りました。ドットGIFアニメのすんごい作品が色々あるっぽいですね。
このゲームでもドットアニメーション気持ちいい動きしてます。メガドラっぽいテイストになってるのかな。
(とれとれパニックも、もう少しアニメーションできればよかったなあ…。仕様上色々無理だったけど。)


隠しモード「ゾンビサバイバル」の出し方が、いまどきタイトル画面でコマンド入力!

ちなみに原作は、サルまんを見ながら描いたというカナダのコミック。(12月日本語版出版予定)
そして、実写映画版。監督がゼルダの伝説の曲の使用を、宮本茂に直接許可をもらったという
とても面白そうな映画なのに、日本公開が危ぶまれているので署名運動が現在行われています。
すぐ署名しましょう!自分はすでにしました(笑)


映画スコット・ピルグリム対セカイ(仮)劇場公開を求める会


コメントを送る
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年12月25日(金)

ゼルダの伝説 大地の汽笛 序盤

テーマ:ゲーム
吉ダムゼルダの伝説 大地の汽笛をヨ○バシカメラに買いに行ったら、ゲームフロアが
クリスマスで死ぬほど人が並んでいたのであきらめて、通りすがりにヤマ○電機をのぞいたら
ガラガラだったのでさくっと買えました。しかもヤ○ダ電機の方が安かった…。なんなんだこの客足の差は?

早速クリスマスイブに堂々ゼルダをプレイ!
とりあえず序盤の森抜けたとこのダンジョンまで終わり。
$古ゲー玉国ブログ-ゼルダ 大地の汽笛
オープニングのじいさんの紙芝居ストーリー説明で、いきなりリンクが寝てたり
ゼルダ姫がずっと城で暮らしていた姫様らしく、ちょっとヤバめな性格だったり
人間臭さがあっていいです。まつ毛のポリゴンとか肌の質感とかにこだわるより
全然人間らしいです。

タッチペン操作は、相変わらず良く出来てると思います。
ちゃんと左利き用の表示設定まで用意されてるし。(右利きだけど)
前作からあった、メモ機能も主に謎解きに使うんだけど
ここあとで来るとこなんだろうなってやつ、あの完全にあとで忘れるやつ。
そういった所に印つけとけばMAP見た時思い出せる!って使い方もでける。やっぱこれ便利。
DSって2画面あって遊びやすいなあ!と超いまさらながら思ってしまいます。

気になった所としては、今回は序盤にして、DSにマイク吹きかける場面が多い多い。
笛吹く時とかはまだいいとして、最初のダンジョンでは、息吹きかけてプロペラを回して仕掛けを
発動したり、敵と戦う時もプロペラ回すのに相当息吹きます。マイクアクション!
恥ずかしくて通勤時の電車ではフーフー絶対できないぜ!
汽車の移動も、最初は楽しいけど、ちょっとだんだんダルい…。かな…?
もう少しゲームを進めたらスピードUPしたり、ワープできるようになるのかもしれないけど。

ちなみにミヤホンが激怒したという羽根ペン型タッチペン使ってプレイしてます!

ゼルダの伝説 大地の汽笛(特典無し)
ゼルダの伝説 大地の汽笛(特典無し)

コメントを送る
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年10月28日(水)

ドラキュラ伝説 ReBirth

テーマ:ゲーム
古ゲー玉国ブログ-ドラキュラ伝説ReBirth
ドラキュラ伝説 ReBirth

吉ダムGB版のドラキュラ伝説は、難易度が高かった記憶がうっすらある位で
今回のWiiWareのドラキュラ伝説 ReBirthと比べると、どう変わったかとか
あまり具体的にはわからないんだけれども、だいぶ変わっている気はする。
まあGB版を忠実にリメイクしても微妙だし、がっつりアレンジしましたということかな。
さくさく進めるし、ほどよい難易度でありがたい。ジャンプ中に方向転換もできちゃう。
最近の探索型もいいけど、面クリア型のドラキュラ新作(画面と音楽はスーファミ風)が
1000円で買える感じ。良い時代になったもんだなあ。
とりあえずドラキュラファンのおっさんゲーマーは、買って問題なし。買うべし!


WiiWareといえば日本では、いつ出るかわからないこの「Excitebike World Rally」
Wi-Fi対戦可能でコースエディットもできるらしい。
トレーラーをみると4人とかでレースできるっぽい。超やりて~。

コメントを送る
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。