国民民主党は、新「コロナ三策」を取りまとめました。 | たまき雄一郎ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

たまき雄一郎ブログ

衆議院議員玉木雄一郎のオフィシャルブログです。

国民民主党は、8月24日、デルタ株による感染拡大を受け、感染を抑制し経済を回復させる 新「コロナ三策」をとりまとめました。そのポイントは以下のとおりです。
 
救える命を救い、守るべき事業を守る政策に転換するため、速やかに臨時国会を開いて、私たちの提案についてもぜひ議論させてもらいたい。更なる後手後手は許されません。
 
 

国民民主党の新コロナ三策(概要版)

第一策 検査の拡充「見つける」

  1. 「無料自宅検査」によるセルフケアで家庭内感染を抑制
  2. ワクチン接種・陰性証明を持ち歩ける「デジタル健康証明書」の活用
  3. 国による検査精度管理で陰性に「お墨付き」

第二策 感染拡大の防止「抑える」

  1. 感染拡大につながる場所への立入禁止を法制化(いわゆる「ロックダウン」のような法整備)
  2. 抗体カクテル療法の自宅投与を可能とし重症化を早期に防止
  3. 自衛隊の協力を得て、臨時の医療施設(野戦病院)を速やかに開設
  4. 国立病院・JCHOの患者受入れ拡大と民間病院の受入指示法制化
  5. 被災者健康支援連絡協議会」の枠組みも活用し医療従事者を確保
  6. ワクチンを地域・年代に着目して戦略的に重点配分
  7. 入国時14日間待機の厳格化や接触アプリ義務化など水際対策の強化

第三策 経済との両立「動かす」

  1. 一律10万円の再支給(低所得者は20万円)
  2. 時限的な消費税の税率引き下げと納税免除
  3. 家賃など固定費の最大9割を支給する規模別の減収補償
  4. 総合支援資金の再貸付延長と税・保険料の支払猶予延長
  5. 「デジタル健康証明書」で感染拡大防止と経済社会活動との両立
  6. 治療薬の普及やワクチン接種の進展を前提に、感染症法上の分類を2類相当から5類相当にすることを検討