▶チャクラについて

テーマ:

      雷病の気雷

 

さて、病気について取り上げるコーナーです。直感を元に書いています。

霊的な視点から見ます。

           タラー チャクラについて タラー

 

今回は、チャクラと体の関係性です。

 

尾骨チャクラ

肉体の状態と関係が深いので、あらゆる病気と関わっているチャクラです。

ストレスにさらされている時、やせ我慢して、体のケアを怠っていると、ここのチャクラが弱る傾向があります。

生命エネルギーを司っているチャクラでもあるので、ここをクリーニングし、活性化させておくと体調改善しやすいでしょう。

怖れのエネルギーが溜まりやすいので、恐れを隠すことなく、ありのまま出していくことも体調改善に有効です。

 

下腹部のチャクラ

特に婦人科系の病気と関わってくるチャクラです。

女性らしさを表現することへの抵抗、生理への嫌悪感、妊娠する恐怖などが原因で弱まる傾向があります。

性に対するネガティブな思い込みをクリアにし、活性化していくと、体調改善につながっていくでしょう。

クリエイティブなエネルギーを妨害するブロックも、ここに溜まりやすい傾向があります。

 

みぞおちのチャクラ

自己評価と関わってくるチャクラです。

胃の調子が悪い時は、自信を失っている時であり、ここのチャクラが弱っている時かもしれません。

「私は無力」と思い、不安や心配で打ちのめされていると、その精神状態が胃の状態に現れてしまいます。

心配事を胸にしまわないで、周りに協力を求めることを自分に許していくといいでしょう。

 

ハート・チャクラ

愛と深く関わっているチャクラです。

ハートは、怒りや恐れ、苦痛などに対応しようとするため、傷つきやすい傾向があるかもしれません。

何の不平不満もなさそうな人でも、心の中は、怒りや不安で一杯のこともあります。

自分を愛さず、他人の世話ばかりしている時なども、ここのチャクラは弱まります。

受け取る愛と、与える愛のバランスが崩れると、ハートのエネルギー・バランスも崩れてしまうのです。

 

喉のチャクラ

表現力と関わっているチャクラです。

喉のみならず、肺や気管、口、鼻の状態とも関係があります。

子供の頃、「静かにしなさい」と小言を言われ続けたり、自由な発言を許されない環境に長くいたりすると、ここのチャクラが弱る傾向があるようです。

「口は禍の元」などの思い込みも、喉のブロックとなることもあります。

 

額のチャクラ

洞察力と関わっているチャクラです。

ものごとの本質、真実といった見抜く力は、ここのチャクラと関係してきます。

明晰な分析力があるかどうかも、ここのチャクラが浄化・活性化されているかで、ある程度、左右されるようです。

目や視力とも、関わっています。

 

頭頂のチャクラ

精神的な病気と関わっているチャクラです。

このチャクラがクリアになり、活性化すると、降り注がれる宇宙エネルギーと共鳴していくことが可能になります。

ただし、第1チャクラが開かれ、活性化していないと、意識が肉体から離れて、遠くに行ってしまいがちです。

妄想の世界で生きたり、夢見る少女のようにセンタリング、グラウンディングが疎かになってしまったりすることもあります。

 

皮膚

チャクラ以外の部分も追加します。

皮膚は、外に見える部分ですので、表現と関わっているといえるでしょう。

感情を表に出さないでいると、皮膚の下にエネルギーが溜まりやすくなります。

限界まで達すると、皮膚を破って、古いエネルギーが噴出することもあるようです。

肌荒れ、アレルギーの原因にもなることがあります。

 

左半身

女性性と関わっています。

主に、受け取る力と関係しているようです。

周りには与えるのに、自分は受け取らないでいると、左側に不調が偏ることがあります。

 

右半身

男性性と関わっています。

他人に与えることを拒んでいると、右側に不調が出やすいようです。

反対に、誰かを喜ばせようとして、自分を酷使している時も、右半身に不調が偏ることがあります。

 

 

 

「ちょっと参考になった」という方は、下のバナーをクリックしてくださるとうれしいです。感謝の光を送り、幸せを祈らせていただきます。

スピリチュアル ブログランキングへ

https://marias.shop-pro.jp

 

“見えない存在”が教えてくれる 幸運でいっぱいになる本/KADOKAWA
 
¥1,404 Amazon.co.jp

 

↑いつでも登録解除できます。最新サンプル号→こちら