マリアのチャネリング・メッセージ

マリアがその日、受け取ったメッセージをアップします。
自分の魂に従ってやっていますが、みなさんにも喜んで
いただけたら、うれしいです。
あなたに向けたメッセージがあるかもしれません。


テーマ:

      衝撃病の気衝撃

 

病気について取り上げるコーナーです。毎月上旬に直感を元に書いています。霊的な視点から見ます。

              ぎんなん低波動ぎんなん

 

よく、低波動という言葉が使われますね。

そこで、今回は、低波動の感情を見ていきます。

心身の健康にも影響を与えていると思われるので、具体的に見ていきましょう。

 

怒り

怒りは、一般的に、最も悪い感情と思われがちですが、波動的に見ると、そう低いものではありません。怒りは、芸術家にとっては創作意欲の源になりますし、政治家の変革意欲を高めることもあります。

子供がいじめられているのを目撃したりすると、憂うつな気分が、怒りで吹き飛ぶ親御さんもいるかもしれません。

しかし、「怒りで血管がブチ切る」とも言うように、怒りは、血管に圧をかけます。高血圧の原因になることもあるので、気をつけましょう。

 

悲しみ

悲しみは、かなり、人の波動を下げるものです。

親族が亡くなり、一家が悲しみに包まれている時など、低い周波数のエネルギーが家に満ちます。

心が傷ついた時も、悲しい気持ちになり、波動もダウンです。

離婚直後や、別れなどを体験した時も、悲しみで胸がふさぎ、波動ダウンになります。

悲しみのエネルギーは、ハート周辺の臓器にダメージを与えるだけでなく、全身に及ぶようです。

しかし、泣くと、解放されるので、女性は案外、溜まりにくいかもしれません。

 

冷めた感情

シラーっとして、無関心な状態、殺伐とした感情などです。

心を閉ざし、他人と親密な関係を築くのをやめている時などに、冷たく重いエネルギーが出ています。

この世に失望したり、未来に絶望したりしている方からも、冷めた感情が出やすいかもしれません。

また、許せない思いや憎しみにフタをしている方からも、冷たいオーラが出ることがあります。心にフタをしていると、温かい感情も出にくくなるからです。

人としての心の温かみを失っていくと、心臓に負担がかかります。また、思いやりを出し惜しみしていると、呼吸器にも悪影響がでますので、気をつけましょう。

 

執着心

「~せねばならない」といったこわだり、「~せねば叱られる」という制約、「~なしではいられない」といった執着心も、低波動と言えます。

これらは、強迫観念と結びついている感情です。

あまりにも多くのルールや制約を、厳しく自分に課していると、ストレスになり、心身に影響が出ますので、気をつけましょう。免疫力が落ちることがあります。

が、小さい頃から持ち続けてきたマイ・ルールは、なかなか撤廃できないものです。

また、強すぎる食欲や支配欲などと結びついている執着心は、依存症つながってきます。

こちらも解除が難しいので、病気になって、ようやく取り組む人が多いかもしれません。「変わるんだ」という強い決意が必要です。

 

罪悪感

罪悪感は、最も低い波動のエネルギーの一つです。

「悪いことをしてしまった」というジャッジを自分に下してばかりいると、気持ちも波動も下がります。

このブログでも、うるさいほど取り上げてきましたので、説明は、もう不要かもしれませんね。

罪悪感に囚われてしまうと、反省ばかりで、変わろうという気力が失せてしまいます。無気力状態になって、投げやりな人生になってしまうこともあるようです。

自分を罰して、自分に屈辱を合わせても、誰の得にもなりません。自分の人生を棒に振ってまで、償うべき罪がある、と思うのをやめる時です。

自分を支えることをやめてしまうと、背骨に影響が出ることもあります。腰痛持ちの方などは、自分の味方になって自分を支えようと決意するといいかもしれません。

 

虚栄心

自分をよく見せたい、という思いは誰にでもあります。

これも低波動の感情ですが、行動力や積極性を結びつくことがあるので、そんなに悪いものではありません。

しかし、支配欲とつながってしまうと、他人より優位に立とうとして、傲慢な振る舞いになってしまうこともあります。

実際の自分より大きく見せようとして、見栄を張ったり、嘘を並べたりすると、波動がグッと落ちるので気をつけましょう。

本当の自分を知られないよう、内心ビクビクしていると、メルタルが持たなくなることもあります。胃が弱くなったり、精神疾患と結びついたりするので、必要以上にカッコつけようとするのはやめた方がいいかもしれません。

 

とても恥ずかしい経験をすると、自信が失われます。実は、トラウマは、恐ろしい体験より、恥ずかしい体験から起こることが多いのです。

大勢の前で辱められると、自己価値が失われたように思えて、死にたくなることもあるかもしれません。

不名誉な噂をネットで流されたり、SNSで写真が流出したりなどの経験も、かなりのダメージになります。弱みや、過去の失敗などをばらされて、恥をかかされた場合もそうです。

特に、思春期や子供時代の恥ずかしい体験は、大人になっても、時々、よみがえってきます。

なかなか波動が上がらない方は、思い出したくもないような恥ずかしい体験がなかったか、思い出しましょう。恥ずかしい、という感情も味わい尽くしていくと消えていきます。

 

恐れ

消極性と結びついているのが、恐れです。

行動できなくなる最大の原因は、恐れと言えます。

「あらゆるネガティブな状態は、恐れから生まれる」と言ってもいいかもしれません。

いったん、強い恐れに心が囚われてしまうと、「ああでもない」「こうでもない」と心配した挙句、「何もしない方がいい」という結論が出がちです。

恐れがあると、自分を良い方向にもっていく試みさえ、危険なことのように思えてきます。

恐れは、幸せを妨害する最も大きなブロックと言われるのは、そのためです。

あらゆる病気の元にもなりますので、早めの解放が望まれます。あまりに神経質になりすぎると、神経の病気にかかったり、胃が弱くなったりするようです。


 

 

 

「ちょっと参考になった」という方は、下のバナーをクリックしてくださるとうれしいです。感謝の光を送り、幸せを祈らせていただきます。

スピリチュアル ブログランキングへ

 

https://marias.shop-pro.jp/?pid=122339344

(ガラケー対応可)

 

光の三原色TRINITY WEBで掲載中のマリアの記事一覧光の三原色矢印(Gオレンジ)こちら

 

“見えない存在”が教えてくれる 幸運でいっぱいになる本/KADOKAWA
 

¥1,404 Amazon.co.jp

 

 

↑いつでも登録解除できます。当月無料

サンプル号はこちら

クレジットカードをお持ちでない方は、こちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(7)

マリアさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「病の気」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。