この先、鉄道イベントはどうなる…? | さきた☆たまきのラウンドハウス・第二機関区(アメブロ版)
新型コロナウイルスに関する情報について

さきた☆たまきのラウンドハウス・第二機関区(アメブロ版)

管理人の好きな鉄道や旅、その他近況などを気ままに綴るブログです。

秩父鉄道広瀬川原車両基地のイベント風景

大宮総合車両セのイベント風景

仙台総合車両セのイベント風景

尾久のイベント風景

 


今月末日を待たず、25日づけで全国すべて緊急事態宣言が解徐されました。とりあえず、要・急以外のお出かけや旅は来月以降は可能なのか…な?ただし、外に出るなら三密は避けてとか、新しい生活様式にのっとってとかなど感染予防が前提なので、素直に喜べるはずもなく…。早くワクチンか治療薬ができて、そういうことを気にしなくてすむ日がくるのを願うばかりです……。(--)
 
ところで、本来ならば5月の第3土曜は秩父鉄道・広瀬川原車両基地の公開、第4土曜はJR東日本・大宮総合車両センターの公開と鉄ちゃんとっては注目のイベントが目白押しのはずでしたが、埼玉県は当初より緊急事態宣言の対象になっていたこともあり、延期のアナウンスがされています。
なお、大宮のほうは今後の状況によっては今年度の開催を中止することがあるかも、という添え書きが…。確かに、国内での感染が一時期より落ち着いたといえ、この先どうなるかは不透明ですものね。

仮にやるとしたら、『密』を避けてが条件になるので、人を集める目的のイベントは矛盾が生じます。従来のように来た人すべてを入れるという形ではなく、前もって抽選などを経て、人数や時間帯を限るという方式になるのかも…?また、会場での出し物も狭いスペースでのものとか、人とが接触するものとか、飲食を兼ねるものとかはNGになりそうです。たぶん、いつもとはだいぶ違った感じになるでしょう。

しかし、新しい生活様式やらを続けなきゃならないあいだ、この種のイベントはどうなるのか?すでに中止になったものも多々あるようですが、この先、夏以降開催予定のものもあるはずです。もしも行うのなら、先ほど書いたように人数を限った上の入場や、規模や内容を変えてというのが条件になりそう…。確か、抽選方式は阪急の正雀工場の公開などでやっているんですよね。(あと、コロナの影響が大きくなりつつあった2月下旬に行われた勝田車両センターのイベントもそうだったみたい)ただ、前年までフリーに入れていたのが、抽選になったら、がっかりする人がいらっしゃるでしょうが…。
 
さて、写真は自分の行ったことのある鉄道イベントから。(前回記事をちょっとひっぱりました)このなかで埼玉県内で行われたものがあるのですけど、おわかりになりますか~?!ヒントは…、文中に書きました。ローカル私鉄の車両基地やJRの工場公開のヤツです。
とくに正解は発表しませんけど、お暇でしたら考えてみてくださいね。ちなみに写真はどれも10~10数年前と古いものだったりします。(^^ゞ