出だしから衣笠節というか、

このライターはちょい悪風実力隠してる系主人公が好きなので今回もそんな感じだ。

 

主人公に一癖もふた癖もあるのは個人的に好きなので、そこに抵抗はあまりなかった。

それに加えパートナーになったクラリスとの相性がすごくいい。

まさに刑事ものでありがちな凸凹コンビといえよう。

一見主人公がいけ好かないのだが、それをクラリスの愚直さがカバーしている。

寿司で言うところの臭みをわさびで打ち消しているような関係性だ。

 

エロゲでサスペンスモノと言えば最近だと【エロゲ】バタフライシーカー【レビュー】だったが、

近作の流星ワールドアクターはそこに「能力モノ」「異種族」などを絡めてきている。

今までキャラゲーを築いてきただけあり、

読みやしすく安定したテキストでまったくダレることがないのもさすがと言える。

 

さらに信者目線から言わせてもらうと衣笠は男同士のやり取りを描くのも上手い。

魅力的な男キャラがどんどん出てくると、ヒロイン勢も際立って来る。

 

本当に面白い(あくまで信者目線)

 

ただ。

 

このライターは風呂敷をたためずに完結できないことで有名だ。

体験版詐欺の規模ではないが、

中盤までは面白いのに、終盤が雑で複線回収もせずに終わらせる癖がある。

 

そんなことは信者ならダレでも知っている。

 

それを頭に入れて、購入を検討されたい。

 

  • 主人公について

衣笠作品をいくつかプレイしている人はおわかりだろうが、

軒並み「能ある鷹は爪を隠す」タイプの主人公で、

周りからの評価が最初は低いが、ここぞという場面で逆転させる、と言う風なカタルシス形式をとっている。

 

  • 今作はどうなのか?

 

ハッキリ言って今までのキャラの中では一番弱い。

実力を隠していてイキりちらしているような主人公に大事なのは

圧倒的問題解決能力。

 

有能っぽさがまったく足りていなかった。

やや誇張するが、無能な朝霧海斗のようなキャラだ。

それだけ聞くとただのクズに思えるが、そういう性格になっただけの過去があれば納得もいく。

 

当然のようにその過去はちょろっと語られるだけで全貌は見えない。

 

もう言ってしまうが、今作の主人公は無能か有能かで分けるならだいぶ無能寄り。

幼馴染が4人いるんだが、他3人が強すぎて主人公が目立つのは粗暴の悪さだけ。

 

有能なキャラクターが回りにいて、そこに頼りすぎな点から無能さが伺える。

 

その最大の原因がこいつですわ。

こんな強い能力の味方いたらダメだろ、というキャラがいる。
ジョジョに登場してもおかしくないスタンド使い顔負けのキャラだ。

特にこのキャラのせいで、

主人公が活躍する場面のほとんどがご都合チート能力のおかげになってしまっている。

 

しかもこのキャラを信用していないという理由で仲間にしない。

その整合性のなさが、

いや扱いきれないならこんなチート能力にするんじゃねえよ、

とツッコミを入れてしまう結果になってしまっている。

こいつ仲間にしとけばだいたいのこと解決できるだろ、みたいな。

 

別にまったくいいところがないわけではないんだが、

海斗>>秀隆>>ルカ な構図になってしまうのは残念だけど当然であった。

 

能力持ってて秀隆以下はさすがにまずいっすよ。

 

――――――――――――――――――――――――――

●面白さ⇒続きが気になる構成力

●満足度⇒シナリオに納得できたかどうか

 

●点数

50~(つまらない)

60~(ふつう)

75~(面白い)

80~(すごく面白い)

――――――――――――――――――――――――――

 

メル 40点(面白さ△ 満足度△)

 

まず点数を見ていただきたい。

かなり酷い。

 

個別√は

 

か な り 酷い。

 

嘘だろ? と言うレベルで酷い。

 

ここでエンディング流れるのか? と言うレベルで。

 

とにかく酷い。

それ以外の感想が出てこないぐらいよ。

 

さすがにそれではレビューにならないので次の小町√を参考にしてほしい。

 

小町 82点 (面白さ○ 満足度◎)

先の酷さを具体的にしよう。

まず√入ったところで、主人公が事件をズバっとかっこよく解決することがない。

優秀なお友達に頼って、事件自体は結局うやむやで終わる。

 

小町√の点数が高いのは小町がキャラとして魅力的だからであって、

決してシナリオの出来がいいわけではない。

 

それでも続きが気になるような文章力と構成力があるので点数や満足度自体は高い。

 

ただ、面白さに期待すると拍子抜けする、という評価になる。
 

もう本当にエンディングが流れるとがくっとする。

 

シフォン 85点(面白さ○ 満足度◎)

シフォンは可愛いぞ。

 

ただの不思議ちゃんキャラかと思えば、

親密になっていくとギャグパートナーとしてもかなりの腕前だ

ビジュアル面だけで言えば小町にかなりの軍配があったのだが、

ギャグが出来るキャラってのは主人公のルカとは相性がよく、見ていて楽しい。

よって文句なしの点数ではある。

 

点数はな。

 

以下の地の分がこのエロゲを物語っている。

ヒロインと主人公が恋仲になるために行うべきイベントがすっ飛ばされている。

 

自分自身でも上手く言葉に表現できない?

 

そらそうだろ。

 

ライターも考えてないだろうからな!

 

クラリス 86点(面白さ○ 満足度◎)

原点回帰。

クラリスがやはり一番ルカのそばにいて落ち着くヒロインである。

 

しかしわかってはいたが、

「ちょっと待て」と叫びたくなるぐらいいいところで無慈悲にもエンディングが流れていく。

 

信者目にも最低最悪の終わり方だ。

 

割ときつい言い方をするなら、これでプロのライターを名乗るのは失格まである。

なぜならダレがどう見ても完結していないのに、打ち切り漫画のような終わり方をするからだ。

 

後は総合評価を見て購入を検討してほしい。

 

 

総合評価88点 (イラスト◎ 音楽△) ★★★★☆

まず暁の護衛はキャラクターゲームとして割り切れるだけの内容のなさがあったから良かったものの、

今作はサスペンスモノだ。説得力がモノをいう。

要するに何よりもオチがしょうもないとかなり反感を買うタイプのジャンル。

 

それなのに異能力を+させてなんでもありにした点からオチが強引になりがちだ。

 

ともすれば、衣笠というライターにそれをたたむ技術などあるわけがない。

 

直近で言うと「ぬきたし2」を例に出そう。

異世界へ行って敵になったアサちゃんを仲間にして、そこでエンディング。

黒幕にはたどりつかず、なあなあで終わる。

 

このゲーム、平気で全√これで〆られる。

 

信者目線で言わせてもらうと、

それでもこのゲームの品質は高い。

 

キャラ、話の構成、ギャグやシリアスのバランス。

どれをとっても水準以上だ。

 

ただ一点終わらせるのだけが壊滅的にへたくそすぎる。

それ以外は文句無しなのに、そこだけ見ると素人以下。

 

このブログでの評価基準は終わりよければ全てよしではない。

どちらかと言えばキャラがよければ全てよしだ。

 

なので点数だけは高い、とだけ言っておこう。

 

キャラゲー目線で行くなら購入もお勧めできるレベルだし、

そもそも総合評価88点はかなり高い。

 

参考までにこのブログでの高い評価のエロゲ、低い評価のエロゲを2選した。

 

◎好評価

【エロゲ】缶詰少女ノ終末世界【レビュー】

【エロゲ】蒼の彼方のフォーリズム【レビュー】

 

×返金案件

【エロゲ】千恋万花【レビュー】

 
以下5ch専スレ評価(ネタバレ含む)
 

 

 

↑前作レビューはかなり辛口なので注意。

続編が出ると聞いた時点では正直買うつもりはなかったんだが、

コンセプト的にも「敵だったヒロインが味方になり、仲間だったヒロインが敵になる」

というモロ好みのシチュエーションすぎてこの通りのあり様だ。

 

あらすじ

  • 「光の早さでオナニーしたら並行世界に飛ばされて、なんだかんだあって戻ってくる」

シナリオ的には戻ってくるまでが共通と考えてOK。

 

ぬきたしは最終決戦が一番テンポが悪くなりがちで思想の言い合い合戦が始まるので、

なかなか気持ちよく終われないという悪いコンボがあった。

 

が、今回はラスボス戦=共通で終わるので、それも解消されている。

 

エピローグで個別√扱いだが、ボリュームはかなりあるぞ!

 

※推奨攻略順

桐香でほっこりして、礼でしんみりして、郁子で笑って〆が個人的お勧め攻略順。

 

特に郁子√最初にやった身としてはこれ最後のほうが色々と締まりがいいと思われる。

 

――――――――――――――――――――――――――

●面白さ⇒続きが気になる構成力

●満足度⇒シナリオに納得できたかどうか

 

●点数

50~(つまらない)

60~(ふつう)

75~(面白い)

80~(すごく面白い)

――――――――――――――――――――――――――

郁子 87点 (面白さ◎ 満足度◎)

 

マジで面白かった。笑った。

ぬきたしなんて一発ネタだろ? どうせネタなんてすぐに尽きるし飽きるだろう。

という懸念を吹き飛ばす√。

 

クソバカ展開をクソ真面目に行う突っ込み不在の面白さ。

これ以上ないぐらい「この作品はこれでいいよな」が詰まってる√であった。

 

射精管理のくだりなんて、

もうこれメインシナリオも射精管理すればだいたいのこと解決できるだろ、みたいなアホさ加減がいい。

 

この√を最初にやったせいで、

他√ではどうなるんだ!? とこれ以上のぶっ飛んだ展開があるのかと期待してしまった。

 

この√はジャブでやるにしては強烈すぎる。

と、ささやかな忠告をしておこう。

 

前作既プレイの人にはわかるだろうが、このゲームは割りとご都合主義的な意味でこれでもかとファンタジーに頼る。

前作では全身を勃起させてライフルの弾を無効化するなどのことをやってのけていたが、

 

例に漏れず今回もヤバイ。

 

参考画像。

 

 

 

桐香 60点(面白さ△ 満足度△)

基本的に恋仲になるとバカップル方面に行くのはわかってはいたものの、

上級者向けすぎてやや、周りのキャラと一緒にうんざりする側にまわっていた。

 

二人の空間すぎて、もはやプレイヤーですら付け入る隙がない。

 

そして郁子√と違い、

 

普通すぎる。

 

普通にイチャイチャして、普通に子供作ってエンディング。

 

ギャップ無し!

 

ぶっ飛んだ展開無し!

 

ドスケベワールドに慣れてしまった弊害がここに来て出ていた。

キャラクターとしては前作からかなり好きなんだけど、

ミステリアス系のキャラは√入って底が見えてくると、興味がなくなっていくタイプのヒロインだった。

 

そしてゲロインの印象がかなり強くなった√であった。

 

礼 70点 (面白さ〇 満足度〇)

SSヒロインの√は全部ヒロインの過去が口頭で語られるんだが、礼が一番重かった。

配慮されているのか、直接的なイラスト描写がないだけ救いだったかもしれない。

世界観的に貞操観念が薄れがちだが、普通にヒロインレイプ案件の話ですし。

 

ストーリー的にも一番両者の気持ちがわかり、他と比べるとかなりシリアス寄りの√への導入であった。

 

やはり世界観的に構図が間抜けすぎるのだが、

かなり王道真面目に恋愛やってたルート。

 

あまりのギャップになんだこれ、となるのも必至。

 

 

前作では妹√がないとブチきれたのだが、今回よーーーやくミニシナリオだが追加された。

 

本編(共通√異世界編)では影薄い。

敵として登場するが、アサちゃんは影薄いぞ。

 

 

他ヒロイン組みのレビューは割愛。

 

麻沙音 65点(面白さ△ 満足度○)

 

ミニシナリオと明記しつつそこそこのボリュームがあったが。

内容は本当に後日談って感じの話。

 

アサちゃんと文乃の打ち解け具合と、ようやくエッチできたという感慨深さはあったので満足度は高い。

 

 

 

総合評価 70点(音楽◎ イラスト〇)★★★☆☆

 

続編のほうが面白いという、稀有な作品。

前作(無印)の自分のレビューを久しぶりに読み返したら「なんだこの偉そうなレビューは」とたまげたのだが、

ただ、ラスボス戦の戦闘シーンがぬきたしにおいて一番つまらない、という意見は覆らなかった。

 

やっぱりぬきたしの方向性ってシリアスなテーマ性から勃発する戦闘シーンよりも、

郁子√のような超絶ギャグ空間が生み出す戦闘? シーンのほうが何倍も魅力的だということを再確認できた。

 

テンポ厨としては、ぬきたしの戦闘シーンの長さが何よりもネックだったのだが、

 

今回はキャラクターにスポットを当てていて。

誰と誰をかけあわせても、ギャグが成立する点においても凄く丁寧な出来になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

アメブロの機能で1年前の記事が表示されるようになったっぽい。

1年かあ……。

 

1年も同じゲーム作り続けてるって、我ながら作品に対する情熱がすさまじいよね……。

 

でも個人的に思うことがあって、

 

絵が描けるから、それでどうするの?

 

文章が書けるから、それでどうするの?

 

ということを、強く思うことがある。

確かに単体でも成り立つことではあるんだけど、

絵が描けるだけなら他にもできる人が山ほどいる。

 

文章なんて絵以上にハードルが低い。

 

単体で見た人の考え方を変えたり、人生に影響を与えるのってすごく難しい。

だからこそギャルゲーという媒体を選んだのだと思う。

 

イラストも、シナリオも、全部自分でやったことで、

それが人に影響を与えたら、もうそれ以上に幸せなことってないよなあ。

 

一人でギャルゲーを作るのはコストも悪く、自己満足でしかない。

 

正直最近は、

「これ別に絵は他の人に依頼してもいいじゃ?

作品と作者って完全に切り離して考えてしかるべきだし」

みたいに思うこともある。

 

でも創作の根本的な思想って

「誰にも出来ないことをやる、だれもやらないから自分がやる」

だという事をこの前通話で知り合いに話した。

 

なんだか意識高いな、と思うかもしれないけど、

創作ってそうじゃないと出来ないと思うんだよね。

 

他に代わりがいるなら、自分でやる必要はない。

 

自分だったらこう表現したい! という想いは必ずある。

二次創作をやらなくなったのもそれが理由で、

自分オリジナルのものを褒められてこそ、認められる気がする。

 

版権絵を描いていた頃のいくら評価されてもどこか虚無間のある味気なさは、ここから来ているんだな、と。

 

だからこそ1年間自分の作品に向き合うことが出来ていている気がする。

 

多分これは探求心みたいなもので、

これが無くなったらクリエーターではなくなる気がする。

 

全て自分でやりたい、というのは、

全て自分以外のだれにも表現できない、という図太さから来ている。

 

それぐらいじゃないと、一人でゲーム製作は出来ないよ。

 

 

 

 

 

 

7月はエロゲ激戦区なんだけど、それも出来るかどうか。

 

そしてTwitterがエラー吐き出してる?

 

 

本当にこれでいいんだろうか?

 

この絵は可愛いんだろうか? 

 

このシナリオは面白いんだろうか?

 

まず前提から間違っている。

駆け出しはどうであれ、

 

自分の作品に自信を持ちたいなら、

技術的な面において気にすることはマイナスになることが多い。

 

創作とは

「自分の好きなものを表現して、それを他の人にも好きになってもらいたい」

という気持ちから来ている。

 

  • 自分の好きなことを表現できているか?

「好みの明確化」


自信があるとは面白く書けたではなく、

自分の好きを明確に表現できた、という風に解釈しないといけない。

 

自分の作品で不安になったりするのは、好きなことに自信を持てていない証拠だ。
本当にやりたいことが出来ているか? 

その自信がないから「これで大丈夫かなぁ?」と不安になる。

創作においてメンタルが強い人の特徴は、おそらく好みの明確化を適当にこなしている人だろう。

 

絵もシナリオもシチュエーションを大事するべきで、

 

棒立ちや、キャラが話しているだけのシナリオ。

これらすべて相当な技術がいる。

 

技術でごまかせるようになると、人は考え無くなり、作品がどんどん凡個性になっていく。

 

結果、(技術的)には出来ているはずなのに、なぜか魅力がない作品になる。

 

これは好きなことを明確化せずに、技術だけ磨いていった者の末路だ。

技術意識が高いとこれに陥りやすい。

 

反対に下手だけど、このイラスト嫌いじゃない、むしろ好き!

 

というのは技術ではなくシチュエーション勝負をしている作品に多くみられる。

こういう人たちは技術意識は低いかもしれないが、自分の好きなものを健全に表現していると言える。

 

技術的に上手いを目指すのを辞めよう。

 

シチュエーション的表現が上手いを目指すべきだ。

 

  • このブログでは「好き」ではなく「嫌い」を明確化していることが多い

出来ればエロゲではなく、フリーゲームでもしたいのだけど、

無料のゲームをとことん批判するのはクリエーターを潰すような行為になりそうなので、金を払うことで批評権利を得られるエロゲに絞っている。

 

と言われるかもしれないが、表現したいのは「自分」ではなく「作品」なので嫌いなことも必要なのだ。

ペラペラと嫌いなことをSNSなんかで呟くのは問題だが、ブログに書くぶんには許してもらいたい。

 

嫌いなことを明確化すれば、失敗作品になる可能性がとても減る。

 

嫌いなことには敏感になるべきなのだ。

以前、知り合いの同人ゲームをプレイして

「このシーン。なんでこんなに食べ物を粗末にしているんですか?」

と、一部のシーンで突っ込んだ意見をもうしたことがある。

 

その人的には、ギャグで「面白いかも」と言う意識で書いていたと話していた。

 

嫌いなことに敏感にならないと、やりたいこと(ギャグ)を書きたいあまり、整合性を無視した展開になりがちだ。

これはイラストで例えるとわかりやすい。


頭の中でこういう構造が描きたい! というのがあるが、デッサンが狂っているという状態だ。

明らかに違和感があるのに、それに気づけないのは嫌いなこと(デッサン)に鈍感だということだ。

 

時に鈍感なことは、モチベーションにおいて+に働く場合もある。

 

敏感になりすぎると完璧主義になるからだ。

その代わり、いくら嫌いなものを自分の中でハッキリさせても成功作品になるとは限らない。

 

失敗作品を作る可能性が減るだけだ。

 

まとめとよう。

 

創作者として最強なのは

「自分の好きを表現できているか?」を自信をもって自覚できているかによる。

 

そこに「実はいらない不純物(嫌いなもの)が混ざっていないか?」

 

上手くできるいるではない。

 

上手く好きを表現できているか? だ。

 

 

そして最後に、理論からではなく、行動から。という画像を。