12/27 西武鉄道多摩川線 新生!多磨駅訪問(後編) | ななのこべや

ななのこべや

鉄道関係を中心に、バスや飛行機、花や自然の景色まで、 興味を持ったものいろいろ載せています。
緊急事態宣言の発令中は、古いネタでお茶を濁すことがありますので、ご了承ください。

12月27日(日)
23日に橋上駅舎に生まれ変わったばかりの、西武鉄道多摩川線多磨駅を訪問して来ました。
前編からのつづき。



改札口を入りました。


展望スペースにも、桜のメモリアルアートがありました。


展望スペースからの、武蔵境方面の眺め。
こちらでも多摩川線の電車を眺めることが出来ますよ。


ホームに降りました。
以前と比べて、ホームが広くなりました。
元々のホームに、廃止された武蔵境行きの線路のスペース分、広がっています。

 


駅名標。

東京外国語大学の最寄り駅ということで、「東京外大前」の副駅名が付けられています。


列車の発車表示。
上り下りで、行先が色違いで表示されていますが、やはり関東特有の「こんど・つぎ」の表記はややこしいですね。


ホーム階と改札階をつなぐ階段とエスカレーター。
この他にエレベーターがあり、全面バリアフリー化されています。


武蔵境側端に来ました。
こちらは既存のホームが残っているので、仮囲いの分、狭くなっています。


ホームから見た新駅舎。


橋上駅舎化の名目であった、肝心のオリンピック開催と、イトーヨーカドーの開店が延期されてしまったのが、残念でありますが・・・

おしまい~(=゚ω゚)ノ