子育てママのお悩み解決!

テーマ:
ここのところ、2歳になった息子が
全然言うことを聞かないため
イラっとしてしまうことが多く、

・イヤイヤ期をどうやって乗り越えていけばいいか
・良い子に育つにはどうしたらよいか
など、かなり悩んでいました




そんななか、Ameba Meister運営局主催の
子育てママのお悩み解決!
わが子の才能を伸ばす子育て習慣セミナー
参加させていただきました


セミナーの内容は、
ママ・パパが毎日簡単にできる
“声かけ”や“接し方”の習慣を、
0歳から10歳までの年齢別に解説していくというもの。

子育てについて困り果てているわたしには
ぴったりな内容でした


{FF53D355-BC5B-4AE4-8BC5-3D55A2538210}

講師は、幼児教育者であり
日本キッズコーチング協会理事長の

高校生のお子さんがいる2児の母にはとても
見えない、キレイなお方でした




わたしが印象に残ったのは、最初に聞いた
子どもには生まれつきの性格があるということ。

大きく3つの性格があるそうです。

①柔軟で楽な子
適応力に優れ、変化にもソフトに応じることができる

②短気で活発、難しい子
変化に対して過敏。なかなか適応しにくい

③慎重な子
新しい刺激を嫌がり、変化に楽に適応するのが苦手


これを聞いて、うちの息子は
間違いなく②だなと

そして、親と子供のタイプが違う
育てにくいと感じてしまうとのことで、
まさにうちに当てはまるなと思いました


息子が乱暴だったりするのは、
わたしの育て方のせい?
生後4ヶ月で保育園に預けたことによる愛情不足なのか?
と、思い詰めることが多かったのですが
「息子の性格は生まれつきなんだ」と
思うことで、なんだか救われた気持ちになりました



また、2歳までにポジティブな言葉を
たくさん浴びせると、IQがアップする
ということも参考になりました

年齢別の“声かけ”のコツも教えていただきました

0歳:五感(視覚など)に関する言葉をかける

1歳:「ダメ」ではなく、
「痛いよ」「暑いよ」などなぜダメなのかを
伝える

2歳:イヤイヤを1回受け止める。
子どもの感情を言葉で表してあげる。


2歳児のなかでも、
息子のように言葉が遅い子の場合は
イヤな理由をうまく伝えられなくて
泣き喚いてしまうのだそうです

まずは自分が冷静になって
息子と向き合っていこうと思いました



3歳以降に始めたい子育て習慣についても、
これからどんなことが待っているのか
具体的なイメージが持てました



そして、やっぱり大事なのは
愛情を伝えることなんですね

親に愛されていると実感することで
子どもの自信は生まれるそう
愛情を伝えるには…

{B32F9D56-7110-4407-8150-72B53A706FF1}

7秒間抱きしめるなんて簡単すぎますよね
でも毎日だと忘れてしまうこともあったり

朝家を出るときや、寝る前など
同じタイミングでおこなうのが
いいみたいなのでさっそく実践してみます




セミナーの最後の質問コーナーでは、
最近息子が録画したEテレを頻繁に見たがり
困っているので、テレビとの付き合い方に
ついて相談しました

テレビは、やはり録画して親がコントロール
できるようにした方がいいとのこと
見せるときも、
「これ見終わったら〇〇しようね」などと
条件をつけたり、交渉するのが良さそうで
これからぜひ試してみようと思います



今回のセミナーでは、
竹内エリカ先生の著書である
忙しいママでもイラストでわかる!ウチの子の才能がグングン伸びる0歳から10歳までの子育て習慣
に沿ったお話が聞けました

サイン入りの書籍もプレゼントとして
いただけました

{9E8070AB-5394-43C6-AE25-F73748866A16}

年齢順になっているし、
イラストで要旨がまとまっているので
時間がないママさんでもすぐにパラパラと
ページをめくれそう

わたしも、いただいてからすぐに
最終ページまでたどり着きました!
今後は、悩んだときはそっとこちらの本を
開いてみます
本当によかったです
ありがとうございました
AD