色々な出来事からプレッシャーを感じてしまうことは

よくあることです。

特にオリンピック4連覇がかかった試合なら尚更と思ってしまいますが、

 

レスリング女子の伊調選手は

「常に新しいレスリングを試したいと思っている。

 試合は発表会だと思っています。」

そのため、プレッシャーはあまり感じないとのことでした。

 

サッカーの本田選手は

 「自分はサッカーが下手だと思っている。ミスして当たり前。次はもっと上手くできるようにしようと思う。」

 

アスリートの言葉からも

プレッシャーとは大事な舞台で失敗したくないという

自分の気持ちから出てくるものだとわかります。

 

失敗を心配するより

トライしていこうと考える気持ちが大切です。

 

私の場合は何故かは分かりませんが、

定期的な運動、車の運転&スノーボードをすること

で前向きにトライしていこうという気持ちが生まれてきます。

1度だけではなく持続すればするほど、その気持ちも比例していきます。

 

しかし何もせずにいると

知らず知らずに、後ろ向きな気持ちが生まれてきてしまいます。

 

上記3つの共通点は

「身体が振動」していることだと最近気がつきました。

長時間運転していると、車から出て歩いている時に

身体が振動しているときはありませんか?

スノーボードも長時間ボードに乗っていると

ブーツを脱いで歩いた時に、何だか身体が揺れている感じがします。

運動も30分以上走って止まったときに

身体が振動しているように思います。

 

しかも車の運転だけでは(何もしないよりはマシですが。)

あまり効果がないように感じるので、

筋肉も関係しているように思えてなりません。

 

最近試してみたいのは

温泉地のホテルによくある足裏マッサージ機です。

揉むタイプではなく足を乗せると振動するタイプです。

振動がすごいですよね。少しの時間で止まったときに

身体に振動が感じられます。

足裏マッサージ機と筋トレを組み合わせたら

どうなるのだろう?その日の気分は?その次の日は?

 

購入後、失敗したときに意外と場所を取るため

後悔しそうなので

温泉地に3、4日宿泊&筋トレをして試してみたいと思います。

その時にはまたご報告したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方について

テーマ:
ここ最近驚いたこと。


2年位前から体重の増加(特にお腹周り)と
身体異変(頭痛、腹痛、身体のだるさなど)があり、
前回書いていたように頻繁にジムに通っていましたが、
同時に以前から興味のあった漢方を処方してもらうことにしました。


品川にある日本堂という漢方薬局ですが
処方薬に1ヶ月2、3万かかるということで
悩みましたが、思い切って行ってみることにしました。


薬剤師さんに相談したところ、
水毒の症状(水分がたまりやすいということなのでしょうか)
があるということで、
薬を処方していただきました。


1ヶ月ほど経ちますが、
お腹周りが驚くほど痩せていきました。
それから頭痛、腹痛、ダルさもまるで無くなりました。
朝起きた時に出るくしゃみと鼻水(アレルギーだと思っていた)
もなくなり、エアコンの冷風で寒気を感じていたので(冷え性だと思っていた)
いつも何か上着をはおっていましたが、
最近ではいつの間にか半袖で過ごしてます。


去年ジムに通っていたときには
ここまでよくなっていないので
漢方のおかげかな、と思っています。


薬剤師さんに聞いたところ
自分の力で治せるようになるまで
薬を飲む必要があり、平均4ヶ月ほどかかるそうです。
1ヶ月で止めてしまうと元に戻ってしまうそうです。


ですので、あと3ヶ月ほど飲み続けてみようと思います。

病院に行っても治らなかったので
諦めていたのですが
漢方薬は思った以上に効き目があったように感じます。




一番やっかいなのは
孤独を感じてしまうとき。
自分だけがこんな辛い思いをしている
周りは幸せそう
なぜ自分だけが・・・

こんな事を思うと
精神的に凹む
間違った道に迷い込んでいます。

就活をしていたり
人生で大変なときがあると
ついついこんな考えが浮かび
凹んだりします。
さらにそれが良い結果に結びつきません。


ですから一つ提案です。
上記の考えに至ってしまったら
身近な人の手を握ってください。
恋人、家族、友達
相手の手の感触、温かさを実感し
一人ではない
支えてくれる人、頼れる人がいるんだと
感じてください。


ただそれだけで
落ち着きを取り戻します。