弱ったときに食べたいものは | はやこの日記 家、時々外

はやこの日記 家、時々外

節約、倹約大生活。
波乱含みの人生だけど、何とか生きていかなくちゃ、
まいまいつぶろのひとり言。

具合が悪くなるずっと前に、友人から

味噌漬けが送られてきていた。

 

正しくは、「 京都  一の傳の西京漬け 」

 

京都・本物の西京焼き「老舗一の傳 銀だら蔵みそ漬け」 - kikoがスタート

 

鮭、鯖、銀ひらす入りのセットと

特大海老まで付いていた。

 

京都 一の傳 ~ 西京漬けの老舗、とろける旨さ! ~ - つばめの武勇伝 

特大海老 蔵みそ漬 1尾】[H-53] 京都 老舗 西京漬け 西京焼き えび ...

 

冷凍すれば2ヶ月もつそうなので、

1週間に一尾ずつ食べようと思い

冷凍庫に入れた

 

銀ひらすだけは届いてすぐに食べたが

ギュッと弾力のある身と程よい味噌味で

ご飯のすすむ一菜となった。

 

 

先日の体調不良のときも食欲だけは

あまり落ちなかった。

ただ、やはり作るのが億劫だったので、

出来合いを買って食べたりした。

冷凍庫に入れていた特大海老も今回

ありがたくいただいた。

やはりスーパーの無頭エビのパックとは

全然違う。当たり前だ。

 

 

前にも書いたけど体が不調だといつもの

玄米ご飯は食べたくない。

玄米ご飯は気力体力が充実していないと

ほんと美味しくない。

玄米は健康な人が食べる食事。

弱っていると、白いお粥に梅干しが

食べたくなるよねえ。

 

でも今回はそれほど弱らなかったので

お寿司を買って食べました。

それもいつもは食べたい握り寿司では

なく、甘い助六寿司。

 

コンビニで「助六寿司」を買っているのは誰なのか ローソンのデータ ...

 

結局2日間、助六寿司を夕食にした。

 

白い酢飯と甘く優しいお揚げと具が

体にしみ込むように美味しかった。

 

 

 

 

 


 

   にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ