何十回も出張で行っていた熊本が、又しても
被害に遭ってしまった。
わたしが仕事でお世話になっていたのは、
熊本市内、人吉市、八代市だった。
 
プライベートでやつしろ全国花火競技大会に
2回行ったが、球磨川の河川敷緑地に毎年
30万人が集まるほどの規模だった。
密密状態で河川敷に座り、夜空を見上げて
打ちあがる花火に歓声をあげていた。
 
「球磨川にかかる...」の画像検索結果

 

最上川・富士川と並ぶ日本三大急流の一つで

球磨川下りが有名だが、花火大会の河川敷に

面した川は川幅も驚くほど広く、ゆったりとした

流れだった。

 

あの球磨川が氾濫するとは、思いもよらない
ことだった。
 
頑張ってください、負けないでください、
なんて簡単に言えない。
今はごまめも歯ぎしりも出来ない。
 
 
 
我が家地方も雨だったが、そんなにひどい
降りではなかった。
気温が低いので蒸し暑さを感じない。
27,8℃とかせいぜい29℃どまりで30℃
超えないとこんなに過ごしやすいんだと思う。
特に朝晩は21,2℃で、窓を開け放すと、
すだれがあっても風が通りまくって肌寒いと
感じるほどだった。

 

でもどんなに暑かろうと寒かろうと、時が
戻ってくれたら、我慢するよ。 
コロナの前に、豪雨の前に。
 

 「時を戻そう無料...」の画像検索結果

 

 

そんなことは出来っこないのは分かっている。
 

ただ、

仲の良い友人たちと肩をくっつけ、ほほを寄せて

ひそひそ話したり、体を叩いて大笑いしたりの、

なんでもない気にもしなかった数か月前の生活が

懐かしくて切なくなる。

 
被害に遭わなかった人間の勝手な思いだ。

 

 

 


 

 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ