日刊ゲンダイDIGITAL


朝食を抜くと体に悪いと言われているが、半日断食をしても
本当に大丈夫なのか。

「 1日3食が健康的で当たり前とされていますが、この根拠は
どこにもありません。 日本人は少なくとも江戸時代までは、
1日2食でした。人類の歴史は700万年ですから、1日3食は
ほんのわずか。 きっかけは明治維新後に軍隊に兵隊を集める
ため、『 白米が毎日3回食べられる 』 と、貧しい農家の次男坊
や三男坊を募集したのがはじまりとされます 」

つまり、1日3食が規則正しい食生活の基本という主張は、
歴史的背景を無視した根拠のない幻想にすぎないらしい。
 
「 1日2食は人類700万年の歴史を受け継ぐ、ヒトという
動物の生理・代謝に則した食事であり、正解の食事です 」
 
 
そうだそうだ、
一日3食以上は、二十歳くらいまででいいよ。
 
代謝低下の著しい年齢になると、一日2食で充分。
6時ころに起きて、すぐ猫家事を済ませ、パンを焼く日は
HBをセットし、天気がいいなら洗濯機のスイッチを入れて、
二度寝をする。
夏場は無理だが、涼しくなってからの二度寝は極楽。
 
2時間後から本格的に動き始めるが、洗濯物を干したり、
お湯を沸かしたり、どうということのない作業なのに
すぐ10時過ぎる。
テキパキしていないから時間がだらだら過ぎるとも言える。
 
結果、午前中と夕方1日2食の食事になる。
でも、ことわざどおり 空腹が一番のご馳走 というわけで、
3食以上の量は確実に食べている気がする。
代謝低下の著しい年齢なのに。
食欲と代謝の反比例が半端ない。

 

おまけに、今はローソンのバスチーが美味しすぎて、
夕食後の甘いものはカロリーゼロ理論で食べてしまう。

  

    「ローソンのバスチー」の画像検索結果  

 

ローソンが近すぎるのが悪い。

五体投地しながら行っても、多分1分で着く。

 

 

通帳再発行代が2200円もかかったんだから、

12月は我慢しよう。

 

 

 

 

 


 

 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ