里芋の煮っころがしが美味しい季節になった。

芋煮会とかもあるし。

我が家地方では芋煮会はないけど、ニュースで

河原などでの芋煮会を見るといいなあと思う。

 

ウォーキングがてら近所のスーパー、八百屋を

のぞいていたら、1軒の八百屋で親芋を売って

いた。

一個98円だし、節約レシピにもなるので購入。

 

子芋のほうが売れているが、親芋のほうが皮を

一個一個剥く手間が少なくていいのにと思う。

 

    「里芋の親芋」の画像検索結果 

 

   「里芋の親芋」の画像検索結果

 

調べると

親芋は粘りとアクが強いので、皮を剥いて適当な

大きさに切ったら、一度湯がいてぬめりを落として

味付け調理をします。
このようにして調理しますと八つ頭芋のように、

やや固めのほっくりした食感で、おいしいです。

 

以前も下茹でしなくて美味しかったので、

今回も切ったらそのまま煮ることにする。

これで今回は2品作った。

 

定番の里芋煮っころがし。

ホクホクでアクも粘りもあまり強くなく、美味しかった。

 「親芋 煮っころ...」の画像検索結果

 

湯がいてトースターで焼き、上に味噌をのせた

田楽は我が家の定番になりそうな美味しさ。

 「里芋の親芋」の画像検索結果

 

田楽味噌
味噌   大さじ3
酒    小さじ1
みりん   小さじ1
砂糖      大さじ2
醤油      数滴
水         大さじ1

 

弱火にかけてねっとりするまで練って出来上がり。

この田楽味噌はこんにゃくでもナスでも合うね。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ