3/9発売 Talking Rock!4月号の表紙は04 Limited Sazabys! | Talking Rock!のブログ

Talking Rock!のブログ

音楽雑誌「Talking Rock!」 毎奇数月9日発売 
大阪南森町/東京代官山 http://talkingrock.jp


テーマ:
次号=3/9発売 Talking Rock!4月号の表紙は04 Limited Sazabys!


表紙写真はこちら^^!!


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 





GEN&HIROKAZ、KOUHEI&RYU-TAの2部構成で22ページに渡って大特集!


全国のタワーレコード店頭orタワーオンライン購入で
この表紙デザインポストカードの特典が^^/ 下記からどうぞ!
【タワレコオンライン】


その他のラインナップとその掲載内容の詳細はこちら^^/


【Talking Rock!18年4月号】
●04 Limited Sazabys(表紙巻頭)
●UNISON SQUARE GARDEN
●BLUE ENCOUNT
●KEYTALK
●THE ORAL CIGARETTES
●BIGMAMA
●KANA-BOON
●androp
●BRAHMAN
●BURNOUT SYNDROMES
●King Gnu
●Halo at 四畳半
●Saucy Dog
●Slimcat
●Tempalay
●ハンブレッダーズ


●04 Limited Sazabys
バンド結成10周年を迎えた04 Limited Sazabysが本誌初の巻頭表紙で登場! 3月14日にシングル「My HERO/夕凪」をリリースし、4月には3回目となる『YON FES.2018』を開催。さらに4月&5月に東名阪を回るアリーナツアーも敢行する彼らをGEN&HIROKAZ、KOUHEI&RYU-TAの2部構成で大特集! フォーリミの表も裏も知り尽くすことのできる大解剖的インタビューです!

●UNISON SQUARE GARDEN
1月に7thアルバム『MODE MOOD MODE』を、さらに3月には14thシングル「春が来てぼくら」をリリースしたUNISON SQUARE GARDEN! 『MODE MOOD MODE』は堅実なセールスを記録して多くの支持を集めるも、彼らから出てきたのは“普通にいい曲を作って、いいライブをするだけ”という平熱感溢れる言葉の数々。その真意はどういうものなのか? アルバム発売直後に大阪でメンバー全員に話を聞きました!

●KEYTALK
1万2千人を動員した初の横浜アリーナ単独公演(昨年9月)を経て、新しいフェーズに突入したKEYTALKをこちらも大阪でキャッチ! 3月7日に発売した5thアルバム『Rainbow』はこれまでの“お祭り騒ぎモード”とはひと味違う、オルタナティブで大人な彼らの魅力を堪能することができる1枚! 同作が生まれるまでの過程と4人それぞれの想いを語ってくれました。

●BLUE ENCOUNT
3月21日に3rdアルバム『VECTOR』(読み:ベクトル)をリリースし、6月から同作にともなう全国ツアーを敢行するBLUE ENCOUNTのインタビュー! シングル「さよなら」(17年4月)と「VS」(17年11月)を含む全14曲のボリュームで構成した本作を彼らはどういう気持ちで作り上げたのか。メンバー全員で同作の完成までの流れと収録曲をピックアップして話を聞きました!

●THE ORAL CIGARETTES
初の大阪城ホールワンマンを2月15日に行い、地元・関西への凱旋的ライブを見事に成功させたTHE ORAL CIGARETTES! 約2時間30分に渡って行われた本公演の内容はもちろん、
リハーサルや終演後に彼らと交わした言葉の数々を余すところなく大リポート! さらには、ステージ上で無料配信を発表した新曲「ReI」について、実は18年3月号増刊に掲載した新年会インタビューで語ってくれていて(こちらは未掲載)、今回ミニインタビューの形でまとめて、テキストの最後に掲載しています!

●BIGMAMA
 3曲入りの1stシングル「Strawberry Feels」で遂にメジャーデビューを果たしたBIGMAMAの金井政人(vo&g)にインタビュー。昨年10月の武道館公演を経て“バンドの骨を見つめて、何がしたいのかを考えた”という彼らが見つけ出した答えはどういうものだったのか? BIGMAMAのさまざまな魅力を詰め込んだこの3曲についてじっくりと語ってくれました。

●androp
自身のレーベル“image world”の設立後、初めてのフルアルバム『cocoon』を3月7日にリリースしたandrop。今作はまさにその“image world”のもとで探求して手に入れた彼らの新たな音楽センスと、初の日比谷野音ワンマンや、初のビルボード公演など、ここ最近、様々なスタイルのライブに挑んだ中で進化を遂げたバンドサウンドの魅力を余すことなく収めた秀作! andropらしさと、新しいandropの両サイドをしっかりと形にしたこの新作についてメンバー全員にインタビュー!

●KANA-BOON
今年の9月でデビュー5周年を迎えるKANA-BOONが “5周年イヤー”として春・夏・秋・冬・春の5シーズンに渡り、5作品と5つのイベント開催を発表! まずはその第1弾としてB面集『KBB vol.1』とCLIP集を3月14日にリリース! そして大阪は彼らのホームタウンであるライブハウス=三国ヶ丘FUZZで3月21日から5日間連続ライブを敢行! この5周年イヤーを4人はどんな気持ちで迎えて企画しているのか。昨年の大晦日の年越しライブの感想も含め、メンバー全員に話を聞きました!

●BRAHMAN
4部構成で大特集した前号=Talking Rock!3月号増刊『BRAHMAN特集』に続いて登場のブラフマンはもちろん2月9日に行われた初の日本武道館公演をリポート! さらにその約1週間後に大阪にてTOSHI-LOWをキャッチし、多くのゲストとコラボしたシーンも含めて当日のステージをじっくりと振り返り、その武道館を総括! ロングテキストで掲載しました!

●BUNOUT SYNDROMES
 2月21日に2ndフルアルバム『孔雀』をリリースしたBUNOUT SYNDROMESにインタビュー! 最初に前作のメジャー1stフルアルバム『檸檬』(16年11月)から進化した制作方法やバンドスタンスの変化を整理しつつ、誰もが知るクラシックの名作や童謡を引用したり、フロントマンの熊谷和海(vo&g)がリスペクトする文学作品や漫画を題材にした楽曲など、彼らならではのアイデアと驚きに満ちた最新作『孔雀』についてメンバー3人に話を聞きました。

●ニューロック計画!2018 ショートインタビュー
 ・King Gnu
 ・Halo at 四畳半
 ・Saucy Dog
 ・Slimcat
 ・Tempalay
 ・ハンブレッダーズ

3月31日&4月1日に大阪umeda TRADで開催するTalking Rock! Presents 『ニューロック計画!2018』。2日間で計11組が出演! チケットは2990円で発売中です! その出演バンドのショートインタビューを、前号に続いて掲載! 今号は上記の6組です!

発売日=2018年3月9日(金)
定価=799円(税込 本体740円) 
雑誌コード=16661-04


以上、今号もよろしくお願いします!

Talking Rock!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります